ここから本文です

着物ショー見に来てね 高岡でクラフト3イベント21日開幕

9/20(金) 23:35配信

北日本新聞

 ■富山大生がリハーサル

 「工芸都市高岡の秋。2019」と銘打った三つのクラフト系イベントが21日、高岡市内で開幕する。20日は会場周辺で準備が進められ、金屋町では富山大芸術文化学部の学生による着物ファッションショーのリハーサルが行われた。

 イベントは高岡クラフト市場街(いちばまち)と工芸都市高岡2019クラフト展(~23日)、ミラレ金屋町(~22日、北日本新聞社後援)の三つ。

 ミラレ金屋町は、高岡鋳物発祥の地の金屋町で、ガイドツアーやクイズラリーを楽しめる。着物ファッションショーは学生20人がモデルとなり、着こなしや振り付けで奈良から令和まで10の時代を表現する。

 リハーサルでは、モデルの学生が立ち位置や振り付けを確認。大島花佳さん(3年)は「金屋町の景観と一緒に楽しんでほしい」と話した。ショーは21日正午から、町内のポケットパークや石畳通り、般若家で行う。22日は午後1時から、般若家のみで実施する。

 市場街は山町筋を中心に開き、作品展示や体験、飲食、音楽などのイベントを実施。クラフト展は「高岡クラフトコンペティション」の入選作325点を御旅屋セリオ6階で展示する。

最終更新:9/20(金) 23:35
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事