ここから本文です

広瀬すずが初のコメディに挑戦、映画「一度死んでみた」2020年3月公開

9/20(金) 12:36配信

CDジャーナル

広瀬すずが初のコメディに挑戦、映画「一度死んでみた」2020年3月公開

広瀬すずが初のコメディに挑戦、映画「一度死んでみた」2020年3月公開

 広瀬すずが初のコメディに挑戦した映画「一度死んでみた」が、2020年3月20日(金)より全国ロードショー。公開に先駆け、特報映像と第1弾ポスター・ビジュアルが公開されています。

 本作は、ソフトバンク「白戸家」シリーズなど数多くの国民的CMを世に送り出してきたCMプランナー / クリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光が脚本を手掛け、au「三太郎」シリーズなど大人気CMを手掛けるCMディレクターの浜崎慎治が初の映画監督を努めたオリジナル・コメディ。売れないデス・メタル・バンドでヴォーカルをしている女子大生の主人公・七瀬役を広瀬すずが務めるほか、七瀬の父・計役を堤 真一、計の部下で存在感の薄い松岡役を吉沢 亮がそれぞれ演じています。

 このたび公開されたポスター・ヴィジュアルは、髪を半分ピンクに染め全身デス・メタルの衣装に身を包んだ広瀬すずの新たな魅力が爆発したインパクト大の内容となっています。また特報映像では、広瀬が「今死んだらぶっ殺すわよ!」と叫ぶシーンや人差し指を上に突き出したデス・ポーズやキレのあるハイキックを披露するシーンのほか、ペッタリした七三分けととぼけた表情の堤の姿、端正な顔が隠れそうなほどの長い前髪とメガネ姿の吉沢が捉えられており、一癖も二癖もある個性的なキャラクターが垣間見える内容となっています。

©2020 松竹 フジテレビジョン

最終更新:9/20(金) 12:36
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事