ここから本文です

【オーストラリア】豪ヴァージン、羽田―ケアンズ便を検討か

9/20(金) 11:30配信

NNA

 オーストラリアの格安航空ヴァージン・オーストラリア(豪ヴァージン)は、来年3月からオーストラリアに割り当てられることになった羽田―オーストラリア路線の昼間枠を得て、同社初の日本路線として羽田―ケアンズ便の運航を狙っているようだ。また、同社は全日本空輸と提携するとの見方も業界で浮上している。ケアンズポストなどが伝えた。

 国土交通省は、来年3月28日以降の昼間(午前6時~午後10時55分)に発着する羽田―オーストラリア路線で、全日空と日本航空にそれぞれ1枠を、2枠をオーストラリアに割り当てると決めた。オーストラリアでは既に、カンタスが今月後半の締切りまでに申請書を当局に提出し、羽田―シドニー便と羽田―メルボルン便を運航したいとしている。

 一方、豪ヴァージンは、具体的な路線を明らかにしていないものの、クイーンズランド州ブリスベンに本社を置くことなどから、観光客を見込める同州ケアンズと羽田を結ぶ路線を検討しているとみられる。

 また、日本の国内線との連絡を良くすることなどを目的に、全日空との提携も考えているようだ。

最終更新:9/20(金) 11:30
NNA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事