ここから本文です

「Apple Watch Series 5 Edition チタニウムケース」アンボックス! この質感いいよ!

9/20(金) 12:31配信

ギズモード・ジャパン

さて、バッサリと開いていきましょう!

本日はiPhoneの発売日であると共に、Apple Watchの発売日でもあります。編集部では素材をチタンへと変えた「Apple Watch Edition チタニウムケース」を購入してきたので、アンボックスをお伝えしますね!

【全画像をみる】「Apple Watch Series 5 Edition チタニウムケース」アンボックス! この質感いいよ!

今回ケース(Watch本体)とセットに選んだバンドは、ミラネーゼループ。包み紙?を開けるとWatch本体とバンドのそれぞれの化粧箱が現れます。

Watch本体オープン! 例によってWatchはソフトケースに包まれています。通称、そら豆。

にゅっとつまみだしたところ。背景が緑なのは、ちょっとだけそら豆に意識を振りました。

内容物一覧がこちら。

Apple Watch本体(ケース)にはスポーツバンドが付属。おなじみの充電ケーブル、おなじみの充電アダプターという内容。加えて今回はミラネーゼループのバンドとなります。

保護ケース(通称そら豆)から取り出した様子をアップでどうぞ。

この質感…すごくいい! 正直Appleのサイトから見ると「あれ?これアルミとどう違うの?」とか思ったけど、実物見たらかなり違いますよこれ。

アルミモデルはつや消し仕上げなのに対して、Editonのチタンはヘアライン風仕上げ。落ち着いた大人のガジェットとしての顔。同時に、どことなく精巧に加工された工業製品っぽさも感じるんですよね。それがまた個性的で美しい。

ちなみに、Editionなので赤いリングのCellular対応モデル。赤いリングは今シーズンも継続。ボタンレイアウトはSeries 4と変わりないですねー。

ボタン類の無い左側面からパシャリ。

正面からパシャリ。正面からだと質感がよくわからないですね。チタンアピールしたい場合は、常に相手に側面を向けましょう。

拡大してパシャリ。このお肌の質感、いいよね!話をお酒呑みながらひたすらしたい。まだお日様明るいけど。

Series 5から追加された新機能なども今後レビューしていくのでお楽しみに~!

小暮ひさのり

最終更新:9/20(金) 12:31
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事