ここから本文です

台風17号: 宮古、きょう夕に暴風警報 本島は21日未明 航空便13便欠航

9/20(金) 11:49配信

琉球新報

  大型の台風17号(ターファー)は20日午前9時現在、宮古島の南東約280キロにあり、1時間に約10キロの速さで西北西へ進んでおり、今後発達しながら北上する。宮古島地方は20日夕、沖縄本島地方では21日未明に暴風警報が発表される見込み。沖縄地方は既に強風域に入り荒れた天気となっており、沖縄気象台は高波や暴風に厳重に警戒するよう呼び掛けている。
  
  台風17号は午前9時現在、中心気圧が990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。中心から半径650キロ以内は風速15メートル以上の強風域。20日の最大風速は宮古島地方で25メートル(最大瞬間風速35メートル)、八重山と大東島地方では最大風速20メートル(同30メートル)、沖縄本島地方で最大風速17メートル(同30メートル)と予測される。
  
  波の高さは県内各地で6~7メートルで、いずれもうねりを伴っており、厳重な警戒が必要となっている。
  
  沖縄地方は20日、多い所で1時間に30ミリの激しい雨が降るとみられる。沖縄本島地方と先島諸島は22日にかけて警報級の大雨となる恐れがある。
  
  台風の影響で海路は19日から影響が出ており、本島と離島を結ぶ航路など72便が欠航となった。空路は20日に琉球エアコミューターが13便の欠航を決めており、今後も影響が広がる可能性がある。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:9/20(金) 18:49
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事