ここから本文です

「今年は力をつける年」黄金世代・吉川桃がステップ2勝目に向けて好発進【山陽新聞レディースカップ初日】

9/20(金) 18:24配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<山陽新聞レディースカップ 初日◇20日◇東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ(岡山県)◇6445ヤード・パー72>

最終18番でバーディを奪い、笑顔を見せる吉川桃【初日LIVE写真館】

ステップ・アップ・ツアー第15戦「山陽新聞レディースカップ」が20日(金)に開幕。プロ3年目の“黄金世代”吉川桃が「66」でラウンドし、2位と3打差の6アンダー単独首位発進をみせた。

スタートホールの1番で6メートルのバーディパットを沈めると、5番パー5でひとつ伸ばし、7番からは3連続バーディを奪取。後半はパープレーが続くが、最終18番パー5で11メートルのパットを決めきり、6バーディ・ノーボギー。ホールアウト後には「OUTで伸ばして、INで耐えるコースという印象だったので計画どおりですね」と手ごたえを語った。

2017年にプロテストで高卒一発合格。2018年はレギュラーツアー25試合に出場して賞金ランク95位となり、今季はQTランク117位の資格でステップを主戦場に戦っている吉川。ステップ開幕戦「rashink×RE SYU RYU/RKBレディース」で初優勝を手にしたが、シーズン中盤以降はもどかしい結果が続いている。

「開幕戦で勝ってからは、調子が悪くないのに自分が期待している結果が出せない状態に神経質になったこともありました」とナーバスになった時期もあったが、「来年レギュラーツアーで活躍できるように、今年は“ステップで力をつける年”という目標を開幕前に決めていました。よい状態のときの伸ばせないのは課題ですが、調子の波は少なくなってきた。そこが成長ですね」と、一日一日を大切にして、上達を目指している。

今季2試合目のレギュラーツアー出場となった「ゴルフ5レディス」から今大会までの約2週間では、プロコーチのジョージ武井氏からアドバイスをもらい、「イメージどおりに打てるようになってきた。練習の方向性が見えたので、いまは練習が楽しいです」と語るなど、現在は思考が整理されてきて良い状態に。

現在ステップ賞金ランクは11位(約555万円)。来季のレギュラーツアー前半戦出場権が付与される年間賞金ランク2位以内につけるヌック・スカパン(1570万円)、サイ・ペイイン(約1220万円)とは差があり、「開幕の頃は2位以内を考えていましたが、いまはランキングを意識していないです。近づけたらいいかな、くらいですね」というが、今大会は優勝賞金540万円と高額大会。好発進を活かして、2勝目を狙いたいところだ。

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9/20(金) 18:24
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事