ここから本文です

iPhone 11、iPhone 11Pro、iPhone 11Pro Maxアンボックス:色、たのしい楽しい

9/20(金) 13:01配信

ギズモード・ジャパン

実物見ると印象変わりますね。

ギズモード・ジャパンのApple番長山本くんがiPhoneの「新型」と「新作」についてアツく語っていましたが、今年のiPhone、実物を見てみると「これはおしゃれだな」と感じました。秋のファッションに新作iPhoneが食い込む日も遠くない、のか…?

【全画像をみる】iPhone 11、iPhone 11Pro、iPhone 11Pro Maxアンボックス:色、たのしい楽しい

まぁそれはさておいて。さておいてあげて。

届いた、開けた、買った! こんにちは新型、いや新作iPhoneたち。これからじっくり一台ずつフォトレビューしていきましょうね~。

iPhone 11:知ってる手触り、見知らぬカメラ部

背面ガラスにアルミベゼル。まさにiPhone XRの後継機を体現した質感で、懐かしい感触ですね。我々はこのiPhoneを知っている、知っているのだ。

色はパープル。iPhone 11はどのカラーリングも淡めで(RED除く)、ガジェット特有のカドの強さみたいなのがかなり柔らかくなっている印象です。ゴツめ好きの男性からするとややパンチ不足に感ずるやもしれませんね。

底部。見た目や感触は特に変わらず。

逆にもっとも変化があったカメラ部。正直、レンズ2つが離れちゃったのは残念なポイントで、楕円形にくらべて円周が増えた分、汚れが入り込みやすくなってます。この写真を撮るのにも何度レンズ周りをキュッキュしたことか。くっつけてほしかった。

でも、レンズ単体ではなく矩形型のエリアとして見た印象は、わりとファッショナブルだなと。エリア全体がコーティングされて、そこだけ色味が変わっているのがアイコン的で可愛らしいです。エッジ部分の手触りも良いですね、モリっとしてる。

今までのiPhoneになかった体験があるとすれば、「背面にあるパーツで触れるものにレンズ以外が追加された」という点。今までのiPhoneの背面って、指で触って感触を味わえるのがレンズだけでしたけど、iPhone 11からはエリアそのものが異物としての乗っかっているので、これが新鮮でした。触って気持ち良いのも大事。

1/3ページ

最終更新:9/20(金) 13:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事