ここから本文です

台風15号の朝、「振り替え輸送」が実施されなかった理由

9/20(金) 8:00配信

ITmedia ビジネスオンライン

 9月9日未明、令和元年台風15号が関東地方を直撃した。公共交通各社は雨風が強くなった前日から終電などを繰り上げて対処。翌日は計画運休を実施した。しかし運行再開時刻が予定より大幅に遅れたため、通勤通学時間帯は大混乱と報じられた。

【その他の関連写真】

 計画運休について、JR東日本は始発から午前8時まで、他社もほぼこれにならう形になった。しかし実際は線路障害の発生や安全確認作業が予想以上に手間取り、運行再開は午後、あるいは夕方など大幅に遅れた。成田空港が“陸の孤島”と大きく報道された。鉄道は千葉県房総半島の被害が大きく、9月19日現在、JR久留里線は全線不通、小湊鐵道も一部区間で不通のままだ。

 混乱の原因の一つに「振り替え輸送がなかった」という声があった。

 なぜ振り替え輸送が実施されなかったか。あるいは、なぜ振り替え輸送が実施された路線と実施されない路線があり、各鉄道会社の足並みがそろわなかったか。振り替え輸送の仕組みから解説する。

振り替え輸送は自動的には行われない

 振り替え輸送とは、路線に輸送障害が発生したときに、あらかじめ定期券や乗車券を所持する利用者に対して「他社の経路外路線の無償利用」を実施する制度だ。輸送障害の原因は人身事故、車両故障、停電などだ。

 残念なことに首都圏ではほぼ毎日のように輸送障害が発生し、運休時間が長引く場合に振り替え輸送が行われる。だから、運休=振り替え輸送実施、と結び付けて考える人は多いだろう。今まで当たり前のように「A社の路線が止まればB社の路線で」「B社の路線が止まればA社の路線で」と振り替え輸送が実施されてきた。しかし、これはあらかじめ取り決められたわけではなく、路線が止まったら自動的に発動する仕組みでもない。

 振り替え輸送の実施判断は「安全が確保できるか」による。

 例えば、A社の路線で事故が発生したとする。各駅から乗客滞留の報告が上がる。今後、さらに滞留客が増えるかもしれない。そこで、A社の運行管理者は、B社など並行する同業他社に振り替え輸送を要請する。この時点ではまだ振り替え輸送は実施されない。

 B社の運行管理者は、A社からの要請を受けると安全管理者に相談する。安全管理者は自社の運行状況を確認し、振り替え輸送による乗客増に対応できるかを判断する。ここで、振り替え輸送の引き受けが可能と判断された場合に、A社に対して振り替え輸送の了承と、実施区間の協議が行われる。振り替え輸送の実施が決まると、両社の各駅に通達され、乗客へ案内される。

 毎日のように行われる振り替え輸送は、その都度、この手続きを踏む。ああ、またいつものパターンだな、いつものようによろしく、という状況もあるだろう。しかし、この手続き抜きでは振り替え輸送は行われない。

 逆に、安全施策を施した上で振り替え輸送を実施する例もある。9月5日、京急電鉄神奈川新町駅付近でトラックと快特電車が衝突、脱線した。終日、振り替え輸送が実施された。その日の夕方、振り替え輸送の混乱を見越したJR東日本は、午後6時15分頃から8時30分頃まで、京浜東北線の蒲田~桜木町間の南行き電車を臨時増発している。増発するコストを負担してでも安全を優先したわけだ。

1/3ページ

最終更新:9/20(金) 8:00
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事