ここから本文です

またも“たてがみ切り取り事件”発覚!今度は93年菊花賞馬ビワハヤヒデ

9/20(金) 14:37配信

東スポWeb

 北海道日高町の日西牧場にけい養されているビワハヤヒデ(29歳)のたてがみが16日に何者かに切り取られていたことが20日、分かった。

 北海道の牧場では同様の被害が続出しており、15日にGI・5勝のタイキシャトル(25歳)と同2勝馬ローズキングダム(12歳)の2頭が、18日には現役時代にビワハヤヒデとしのぎを削った1993年のダービー馬ウイニングチケット(29歳)の被害が発覚したばかりだった。

 日西牧場のツイッターによると、被害届は出さない方針だが、今後ビワハヤヒデの見学は中止される。

☆ビワハヤヒデ=1990年3月20日生まれ。92年に栗東・浜田光正厩舎からデビュー。93年の皐月賞、ダービーではともに2着に敗れたが、菊花賞を当時のレコードで制覇。その年のJRA年度代表馬に輝いた。94年には天皇賞・春、宝塚記念を連勝。秋には1つ下の半弟で3冠馬ナリタブライアンとの対決が期待されたが、故障を発症し同年に引退した。通算成績は16戦10勝。総収得賞金は8億9767万5000円。

最終更新:9/21(土) 11:11
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事