ここから本文です

<欅坂46平手友梨奈>東京ドームライブで完全復活 ソロ曲「角を曲がる」初披露

9/20(金) 18:18配信

まんたんウェブ

 アイドルグループ「欅坂46」の平手友梨奈さんが、9月18、19日に東京ドーム(東京都文京区)で開催された同グループのワンマンライブ「夏の全国アリーナツアー2019」に出演し、完全復活をアピール。最終日のダブルアンコールでは、平手さんが自身の初主演映画「響 -HIBIKI-」の主題歌であるソロ曲「角を曲がる」をライブで初披露し、観客を楽しませた。

【写真特集】てち、完全復活! 神がかっているパフォーマンスがやばい!!

 けがのためツアーへの参加は一部の楽曲のみとなっていた平手さんがステージに登場すると、一挙一動を見逃すまいと観客が注目。ステージ上段に置かれたピアノの前で、平手さんが一音を鳴らしたのを合図に「OVERTURE」がドームいっぱいに鳴り響いた。真っ赤な衣装に身を包んだメンバーがステージにゆっくりとせり上がってくると、1曲目「ガラスを割れ!」がスタート。途中、平手さんがソロで登場し、ダンスを披露する場面もあった。

 アンコールでは「不協和音」をパフォーマンス。長らくライブで披露されてこなかった楽曲だったため、ファンを歓喜させた。最終日は、平手さんが美しいダンスとともにソロ曲「角を曲がる」をライブで初披露。最後は一礼でライブを締めくくった。

 ライブは2日間で、約10万人を動員した。

最終更新:9/20(金) 18:18
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事