ここから本文です

<竹内涼真>M!LK板垣瑞生らに仮面ライダーでの失敗明かす「僕の初はもっとやばかった…」

9/20(金) 18:28配信

まんたんウェブ

 俳優の竹内涼真さんが9月20日、東京都内で行われた映画「初恋ロスタイム」(河合勇人監督)の初日舞台あいさつに、主演を務めたボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の板垣瑞生さん、共演の吉柳咲良さんらと共に登場。板垣さんが初主演、吉柳さんは映像初主演で初ヒロインとなったが、2人の印象を聞かれた竹内さんは「僕、初の映像はもっとやばかった。『仮面ライダー(ドライブ)』の1話を見てショックを受けた。変身するとき、力入れすぎて(体が)反っちゃった」と自身の失敗談を明かし、「今でも恥ずかしくて……。(2人とも)反ってた、今回? 反ってないでしょう。僕は力みすぎて反ってたから」と語り、周囲の笑いを誘った。

【写真特集】竹内涼真が失敗談明かし大盛り上がり! 板垣瑞生、吉柳咲良のフレッシュな顔ぶれの舞台あいさつ

 竹内さんの発言に「どんなエピソード持っているんですか(笑い)」とツッコミを入れた板垣さんは、「ありがとうございます! 何というんですかね……ありがとうございます。本当にその一言です」と初日を迎え、感慨深げにコメント。上映後の舞台あいさつで「皆さんが映画を見てどう思ってくれたかは分からないですけど、大きな拍手をいただき、この映画の主演をやらせていただけて良かった。すてきな共演者の方々とできて本当に良かったと改めて思いました。暑いのに来てくれてありがとうございます!」と感謝していた。

 また、初主演で緊張したかと聞かれた板垣さんは「まったく思っていなかった」とジョーク交じりに答えつつ、「後悔をしたくないなと思った。例えば、この1カット、1シーンが一発でオーケーが出たら、それが映像で流れるし、映画になる。それに対して、後悔しても意味ないなと思っていた」と撮影を振り返った。そして、「みんなで(いいものを)作り上げようっていう感じが作品を作っているときからあった。それが見てくださる皆さんに伝わって、最後はみんなが好きになってもらえる映画になったらうれしい。いろんな方にとってのスタートになる映画になれば」と呼びかけた。

 映画は仁科裕貴さんの同名小説(KADOKAWA)が原作。浪人生・相葉孝司(板垣さん)は、ある日「世界の人、モノ、車……。あらゆるものが突然静止する」という不思議な現象に遭遇する。時刻は12時15分。1人だけなぜか動くことができ、学校を出て街に繰り出した孝司は、自分のほかにもう1人動くことができる篠宮時音(吉柳さん)と出会う。2人は、毎日12時15分に1時間だけ起きる、その不思議な時間を「ロスタイム」と名付け、楽しむようになっていく。しかし、“ロスタイム”には、ある秘密が隠されていた……というストーリー。竹内さんは青年医師役で出演。そのほか石橋杏奈さんが青年医師の妻役で出演している。

最終更新:9/21(土) 12:45
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事