ここから本文です

板垣瑞生、吉柳咲良とのキスシーンは「歯磨きしまくり」

9/20(金) 19:10配信

シネマトゥデイ

 板垣瑞生(M!LK)と吉柳咲良が20日、新宿バルト9で行われた映画『初恋ロスタイム』の初日舞台あいさつに登壇。主人公を演じた板垣は、ヒロイン役の吉柳とのキスシーンを笑顔で振り返った。この日は、共演した竹内涼真と河合勇人監督も来場した。

時が止まった世界で…『初恋ロスタイム』予告【動画】

 仁科裕貴の同名小説を映像化した本作は、自分以外のあらゆるものが静止するという不思議な現象に遭遇した浪人生・相葉孝司(板垣)と、そこで出会った少女・篠宮時音(吉柳)の恋を描くラブストーリー。

 公開初日を迎えたこの日、板垣は「すごく幸せに思っています。撮影現場では、後悔しないよう(ラブストーリーに)挑戦しました」と映画初主演を果たした思いを口にした。本作が初の映像作品となる吉柳は、大ヒット中のアニメーション映画『天気の子』に声優として参加するなど活躍中。緊張の面持ちで「この日を客席のみなさんと迎えられて幸せです。頭が真っ白です」とあいさつを行った。

 続けて、先輩の竹内が「僕は仮面ライダーで初めて映画に出たとき、力みすぎて変身シーンで身体が反っていて……」と自身の笑い話を披露して、2人の緊張をほぐす優しさをみせる。

 等身大のラブストーリーが描かれる本作では、板垣と吉柳にとっての初のキスシーンもあったという。共演の竹内から「どうだった?」と感想を求められると、吉柳は真っ赤になって「覚えていないです」と照れまくり。一方の板垣は「歯磨きしまくりました!」と笑顔で振り返った。そんな2人を見て河合監督は「まぶしくて、まぶしくて。照明の助けが要らないくらい」と初々しい演技を称賛した。

 最後に、板垣は「この映画を多くのみなさんに好きになってもらいたい」とアピール。吉柳も「いつも母から『反省はしてもいいけど、後悔はしないで』と言われているのですが、この作品から一歩踏み足す勇気をもらってもらえたら」とメッセージを伝えた。(取材・文:福住佐知子)

映画『初恋ロスタイム』は公開中

最終更新:9/20(金) 19:36
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事