ここから本文です

新型Apple WatchのAlways On(アンビエント表示)はこう使う

9/20(金) 18:01配信

ギズモード・ジャパン

意外と複雑。

Apple Watch Series 5には常時点灯ディスプレイが搭載されており、「Always On」により腕を下げた時はこれまでと違った表示(アンビエント表示)をします。この記事では、どのようにこのAlways Onが動作するのかをまとめてみました。

【全画像をみる】新型Apple WatchのAlways On(アンビエント表示)はこう使う

アンビエント表示への入り方

多くのウォッチフェイスでは、アンビエント表示に入ることでウォッチフェイスの柄が変化します。そして秒針などが消え去り、画面のリフレッシュレートを下げた表示へとなるのです。

このアンビエント表示には、まず腕を下ろすと自動で入ります。さらに、手のひらで画面を隠してもアンビエント表示になりますよ。これは、Apple Watchを見ていない、あるいは袖で隠れている状態を想定しているものと思われます。

画面をオフにすることも可能です

常時点灯画面…とはいいますが、実は画面を消灯させることも可能です。まずは、単純にApple Watchを腕から外す。すると、画面が消灯します。その他にもシアターモードにすると、アンビエント表示に入らずに画面が消えるのです。映画館で、周りの人を邪魔しないようにとの配慮ですね。

このように、腕を下ろすととアンビエントモードにすぐに入ります。こうやって、バッテリーの駆動時間を伸ばすんですね~。

Source: Apple

塚本直樹

最終更新:9/20(金) 18:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事