ここから本文です

ファンケル 銀座スクエアで大人の体力測定 アンバサダーに桑井亜乃選手

9/20(金) 11:43配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 「ファンケル 銀座スクエア」(中央区銀座5)が現在、「大人の体力測定体験ラリー」を開催している。会場は8階・ファンケル 予防医療ミュージアムと6階・ファンケル ヘルスハウス。(銀座経済新聞)

50センチジャンプした桑井亜乃選手の等身大パネル

 2016(平成28)年に行われたリオデジャネイロオリンピックに7人制女子ラグビーの日本代表選手として出場した桑井亜乃(あの)選手をアンバサダーに迎え、体力測定やラグビー体験を通して健康な体づくりを目指すという催し。

 参加者は最初に8階で「体力測定カード」を受け取り、「握力」「動体視力」「長座体前屈」「反復横跳び」「垂直跳び」「ストレスチェック」「脳年齢チェック」の中から3つ以上の測定項目を体験して結果をカードに記入する。会場には年齢、性別ごとの平均値が用意されており、それらと比べながら体力測定を行うことができる。

 その後6階で「血管年齢チェック」を受け、体力測定カードの裏面の健康チェックに答えた人に、「アミノエナジー」を進呈する。

 会場には身長172センチの桑井選手が垂直飛びで50センチメートルジャンプした際の等身大パネルが展示され、10月14日の13時~と15時~には桑井選手と一緒に体力測定をできる機会も設ける(混雑状況に応じて整理券を配布する)。

 10月12日~14日には会場に「タックルマシーン」が設置され、ラグビーのタックルの体験をすることができる。

 催し初日の9月19日には桑井選手が来場し、反復横跳びや動体視力の公開体力測定を行った。自身の健康管理や美容について聞かれた桑井さんは「肉や魚などのタンパク質、炭水化物などをバランスよく取るように食事管理を徹底している」と話した。

 「ラグビーの練習では日焼け止めを欠かさず、1日3回シャワーを浴びるごとに洗顔・化粧水・保湿などを丁寧にするよう心掛けている」とも。

 「大人の体力測定体験ラリー」の実施は11時~19時。11月3日まで。入場無料。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9/20(金) 11:43
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事