ここから本文です

ドイツ経済は第3四半期に鈍化、輸出低迷続く=財務省月次報告

9/20(金) 8:20配信

ロイター

[ベルリン 20日 ロイター] - ドイツ財務省は20日公表した月次リポートで、第3・四半期初めに国内経済が弱含んだとし、世界経済の減速や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感、貿易摩擦による輸出への影響などを理由に挙げた。

リポートは「国内の経済活動が鈍っている兆候がある。新規雇用の需要は引き続き弱まっている」と指摘した。

ただ、サービスセクターが依然として労働市場に活気をもたらしているとの見解も示した。

今後数カ月の雇用見通しは悪化しているとした上で、「雇用トレンドはこれまでよりも緩やかなペースながら堅調を維持している」とした。

第2・四半期のドイツ国内総生産(GDP)は、輸出の落ち込みを背景に前期比0.1%減少した。

同国の経済研究所は第3・四半期も同様のマイナス成長となり、リセッション(景気後退)入りするとみている。

最終更新:9/20(金) 8:20
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事