ここから本文です

Huawei、Googleアプリ非搭載のフラグシップ「HUAWEI Mate30」シリーズ発表 799ユーロから

9/20(金) 0:10配信

ITmedia Mobile

 中国Huaweiは9月20日(現地時間)、独ミュンヘンで開催の発表イベントで、フラグシップモデル「Mate30」シリーズを発表した。「HUAWEI Mate 30 Pro」「HUAWEI Mate 30」「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 30 RS」の3モデルで、いずれも同社の最新プロセッサ「Kirin」を搭載し、アウトカメラは特徴的なリング内に複数設置されている。

カラーバリエーション

 従来通りOSはAndroidベースで、バージョンは「EMUI 10」。イベントでは言及されなかったが、恐らく米連邦政府の規制により、米Google製のAndroidアプリはプリインストールされていないようだ。紹介されたホーム画面に並んでいるのは、「Huaweiモバイルサービス」のアプリだ。

 同社はこれらのアプリには世界で5億7000万人の月間アクティブユーザ-がいると説明した。

 イベントでは、各モデルの参考販売価格はユーロで発表されたが、発売日と販売地域は発表されなかった。

HUAWEI Mate 30 Pro

 最上位モデルのHUAWEI Mate Proは、4Gモデルと5Gモデルがある。エッジが88度でカーブするベゼルレスな“ホライズン”ディスプレイは6.53型(2400×1176ピクセル)で、「Huawei P30 Pro」のものと似た音声用の振動スクリーンが含まれる。上部の切り欠きには、ジェスチャーセンサー、3D深度カメラ、光センサー、3200万画素のインカメラが並ぶ。3D深度カメラによる顔認証の他、ディスプレイ内の指紋センサーでもロック解除が可能だ。ジェスチャーセンサーにより、Android 10のSoliのような空中ジェスチャーによる操作も可能だ。さらに、目の動きで画面の向きを変える機能も使える。

 両サイドにはボタン類がなく、音声調整はサイドを指でスライドすることで行う。

 アウトカメラは4000万画素の超広角、4000万画素の“SuperSensing”広角、800万画素の望遠、3D深度センサー。

 メモリは8GB、ストレージは127あるいは256GB、バッテリーは4500mAh。重さは198g。色は、メタリックなブラック、スペースシルバー、コスミックパープル、エメラルドグリーンの4色と、合成皮革のような素材のフォレストグリーンとオレンジの2色で合計6色展開。これはMate30も同じだ。

 参考販売価格は、4Gモデルが1099ユーロ(約13万円)、5Gモデルは1199ユーロ(いずれもメモリ8GB、ストレージ256GB)。

1/2ページ

最終更新:9/20(金) 0:10
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事