ここから本文です

Apple、App Storeを搭載した「watchOS 6」を配布開始

9/20(金) 7:02配信

ITmedia NEWS

 Appleは9月20日、iPhoneのiOS 13>Apple Watch>一般>ソフトウェア・アップデート経由で、より多くの機能を追加した「watchOS 6 アップデート」の配布を開始した。

ボイスメモ

 アップデートをインストールするには、iOSが13にアップデート済みで、Apple WatchがiPhoneの通信圏内にあり、Apple WatchがWi-Fiに接続されており、50%以上充電されている必要がある。watchOS 6は、Apple Watch Series 3以降で利用可能で、Apple Watch Series 1および2で利用可能になるのは秋以降の予定。

 watchOS 6では、月経周期を記録できる周期記録、周囲の現在の音量レベルを表示するノイズ、iOSやMacとiCloud同期するボイスメモ、オーディオブック、計算機などの新しいアプリが追加され、初めてApp Storeが単独で利用可能になった。アクティビティの「トレンド」では、活動状況を時系列で追跡できる。

[MACお宝鑑定団]

ITmedia NEWS

最終更新:9/20(金) 7:02
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事