ここから本文です

東京都の新島でヨットに暮らしてテレワークをした話

9/20(金) 12:00配信

ITmedia PC USER

 先日、ITmedia NEWSで掲載した伊豆諸島通信災害の記事では、新島に滞在して取材を実施した。この取材では、新島村役場や新島村商工会など公的な機関への取材に加えて、地元住民の証言を広く得るべく、滞在期間はほぼ1週間を要するだろうと考えていた。

【写真】ヨットのテレワークにおけるメインPC「GPD Pocket2」

仕事場も渡航手段も自前で用意

 となると、経費として新島に向かうための交通費や宿泊費を工面する必要がある。1週間ともなるとかなりの費用がかかってしまうが、筆者には秘策がある。そう、「自分の船で島に渡り、自分の船に泊まる」という手だ。

「ちょっとあんた、“かたぎ”の仕事してはるんですか?」

 自分で船を持っているというと、多くの場合、このような反応が返ってきたりする。しかし、それは大きな誤解だ。自分の船を持つというのは「国産コンパクトカーを購入して維持する」のとほぼ同じコストだったりする。そのあたりの事情については、こちらの記事が参考になる。

 というわけで、自分の船で新島に渡り、そのまま自分の船に寝泊りをしながら約1週間にわたって新島で取材した。梅雨明け直前の一年で最も蒸し暑い時期に海の上で過ごしたわけで、それだけでも、結構語れるお話が山ほどあるが、ここでは「ほぼアウトドアの環境で、長期間に渡って仕事を継続するにはどうすればいいか」という工夫とコツをまとめた。

テレワークに特別なことは何もない

 とはいえ、その技術的課題は街中で行う「テレワーク」とそれほど違いはない。高速なネットワーク回線とノートPCがあれば、街中だろうと都会から遠く離れた風光明媚(めいび)な離島だろうと、海沿い山中のアウトドアだろうと、今や特別な工夫なくともテレワークは可能だ。

 確かに、場所によっては「高速なネットワーク回線」の確保に苦労するかもしれない。実際、新島は2019年4月末から5月始めにかけて海底光ケーブルに障害が発生し、高速ネットワーク回線が使えなくなった。さらに言えば2018年6月まで低速なADSLしかなく、実質的に高速なインターネット接続サービスの利用はままならない状態だった。

 幸いにして、今回取材拠点として船を係留した新島北部にある若郷漁港は、auの4G LTEエリアに入っていたため、インターネット接続サービスを普段と同じような感覚で使用できた。メールやWebページの閲覧、クラウド上のファイルに対するアクセスなど、インターネットを介するサービスの使用感は、首都圏における日常の作業と何ら変りはなかった。

 また、新島とその隣にある式根島(自治体の単位で言うところの新島村)には、主要なスポットに村が用意した無線LANの無料アクセスポイント「NIIJIMA SHIKINEJIMA Free Wi-Fi」があって、来島者も自由に使うことができる。さらに、民宿やカフェなど独自に無線LANアクセスポイントを用意して無料で使わせてくれるところも多い。そういう意味で、新島のネットワーク事情は(海底光ケーブルが健在な限りは)首都圏とほぼ同等の環境が整っている。

1/4ページ

最終更新:9/20(金) 12:00
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事