ここから本文です

マクドナルドが宅配限定でスペシャルセット提供 ディナー時間帯で 「マックデリバリー・デー」の一環

9/20(金) 12:22配信

ITmedia ビジネスオンライン

 マクドナルドが、9月19日から「マックデリバリー・デー」キャンペーンを開始した。10月31日までの約1カ月間にわたり、「マックデリバリー」および「Uber Eats」での注文に限り、スペシャルセットを提供する。ディナー時間帯限定のサービス。

【画像】スペシャルセットの全貌

 限定セットにはハンバーガー、ポテト、ドリンクなどが楽しめる3種類を用意。「1人で満喫しナイト!!『倍バーガー満喫セット』」(1100円、税込、以下同)と「みんなでポテナゲしナイト!!『ポテナゲ超特大』」(1300円)では、「夜マック」で人気の倍バーガーやポテナゲを盛り込んだ。「2人で月見しナイト!!『月見バーガー2人セット』」(1500円)は期間限定の月見バーガーシリーズを楽しめる。なお、月見バーガーセットは10月中旬までの提供で、月見バーガーシリーズの販売が終わり次第、セットの提供も終了する。

 マクドナルドでは、2010年からマックデリバリーを開始。17年にはUber Eatsを導入するなど、宅配サービスの整備を進めている。マックデリバリーは、7時から23時までの間、1500円以上(朝マックは1000円から)の注文を対象に宅配を行う。したがって、今回のスペシャルセットのうち、「倍バーガー満喫セット」「ポテナゲ超特大」を注文の場合は、1500円を超えるように別商品も注文する必要がある。手数料は300円で、「スマイル」の注文も可能。Uber Eatsは8時から25時までの間、最低購入額はなくハンバーガー1個からでも注文できる。

 マックデリバリー・デーは数年実施しているが、限定メニューを実施するのは初めて。「デリバリーサービスは、年を追うごとにどんどん身近になっている。この流れを踏まえて、できるだけ強力にしていきたいと考えている」と担当者は話す。

 ディナー時間帯の強化も狙う。マクドナルドでは夜マックと称して、夜需要の掘り起こしを行っている。第1弾の倍バーガー、第2弾のポテナゲに続いて8月から9月にかけてはグループ客向けに、「わいわいパック」を投入した。各施策では一定の効果があったといい、消費増税後に見込まれる「内食化」に合わせて、ディナーでさらなる成長を目指す。

ITmedia ビジネスオンライン

最終更新:9/20(金) 12:22
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事