ここから本文です

韓国からの2国間協議要請を受け入れ=輸出管理強化で菅原経産相

9/20(金) 11:45配信

ロイター

[東京 20日 ロイター] - 菅原一秀経済産業相は20日の閣議後会見で、輸出管理の運用見直しを巡って韓国が世界貿易機関(WTO)協定に基づき求めていた2国間協議について「受け入れる」と述べ、協議を開始することを明らかにした。日程については「今後、外交ルートを通じて調整する」とした。

日本政府は7月、半導体材料3品目について、韓国向けの輸出管理を強化した。これに対し韓国側は「政治的動機に基づくもの」で「差別的」と反発、WTO協定違反として提訴に動いた。

菅原経産相は「輸出管理の見直しはWTO協定とも整合的との日本の立場は変わらない」と述べ、こうした考えを説明していくとした。

WTO協定に基づく2国間協議が始まってから60日以内に解決しなければ、紛争処理小委員会(パネル)での審理に移ることになる。

※内容を追加しました。

(清水律子)

最終更新:9/20(金) 14:10
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事