ここから本文です

前場の日経平均は続伸、買い戻し 精密機器・医薬品など高い

9/20(金) 13:23配信

ロイター

[東京 20日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比97円97銭高の2万2142円42銭となり、続伸した。日米金融政策イベントを無難に通過した安心感もあり、朝方から買いが先行した。その後、上げ幅を一時160円まで拡大したが、日本が3連休前ということもあり、買い一巡後は伸び悩んだ。

朝方は「日経平均は日銀会合の結果発表後に上げ幅を縮めた反動が出ている。意外と材料出尽くしとはならなかった」(株式アナリスト)との声が聞かれたほか、イベント通過で8月下旬からの日本株への買い戻しの流れが再開したとの指摘もあった。

一方、日本は3連休前で、テクニカル分析では複数の指標が過熱感を示唆している状況のため、いったん様子見を決め込む向きもいたという。午前10時半過ぎにきょうの高値を付けた後は、前引けにかけてやや上げ幅を縮小した。

TOPIXは0.32%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9453億円だった。東証33業種では精密機器、医薬品、不動産などが値上がり率上位に入った。半面、鉱業、鉄鋼、水産・農林などが軟調だった。

東証1部の騰落数は、値上がりが1171銘柄に対し、値下がりが863銘柄、変わらずが111銘柄だった。

最終更新:9/20(金) 13:23
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事