ここから本文です

東国原 今井絵理子氏は派閥推薦で立候補と分析「菅さんは怒り心頭だと思う」

9/20(金) 15:32配信

デイリースポーツ

 元宮崎県知事の東国原英夫が20日、フジテレビ系「バイキング」に出演。第4次安倍内閣で今井絵理子参院議員が内閣府政務官に起用された件について、派閥の推薦を受けて立候補したと推察し、「適材適所」と説明した菅義偉官房長官について「菅さんとしては怒り心頭だと思いますよ。腹が立ってしょうがないと思いますよ」と述べた。

【写真】今どこに…有罪判決の日のハシケン

 番組では「防災」など重要分野を担当することになった今井氏が19日に台風15号によって大きな被害を受けた千葉県を視察したことを伝えた。

 今井氏が現地で女性視点での防災の重要性を語り、「野党から大丈夫かの声があがっている」と質問されると、「しっかり全力で取り組んでまいりたいと思います。先ほど申し上げたとおり、女性視点での防災ということもとても重要な課題であると私は考えております」と述べたことも紹介した。

 今井氏の政界歴として、当選、政務官就任以外では、17年に「一線を越えていない」の釈明が失笑を買った不倫疑惑だけを紹介し、菅官房長官が「ご本人が説明するだろう」と語ったと伝えた。

 これを受け東国原は「この方は、不倫関係ではありませんでした、が説明責任になってる思ってるんじゃないか」と指摘。相手の元神戸市議を「政務活動費の詐欺事件で執行猶予付きの有罪判決になってます。その方と正式にお付き合いするといっている。こんな方が大丈夫なのかなというのが1点」と不安視した。

 続けて「今回の人事は論功行賞。参院選で山東昭子さんを応援して、山東さんが参院議長になられた。麻生派ですから、そこから派閥の推薦があり、自分が手を挙げたんだと思う」と経緯分析した。

 さらに安倍内閣が長期政権となっていることをあげ「順番と言えば順番だが、まあ、ここに置くか」と指摘し「菅さんは『ご自身が説明されると思う』と。怒り心頭だとおもいますよ。腹立ってしょうがないと思いますよ、菅さんとしては」と語った。

最終更新:9/20(金) 17:12
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事