ここから本文です

スマホにタッチして交通系ICカードの履歴を取得 マネーフォワードのiOSアプリ登場

9/20(金) 17:14配信

ITmedia Mobile

 マネーフォワードは、9月20日にiOS版アプリ「ICカードリーダー by マネーフォワード」をリリースした。Android版は2015年11月に提供開始している。

 本アプリでは全国14種類の交通系ICカードをスマートフォンにタッチすると、残高や利用履歴を取得できる。対象はSuica、PASMO、ICOCA、TOICA、nimoca、SUGOCA、manaca、PiTaPa、Kitaca、はやかけん、SAPICA、icsca、PASPY、IruCaで、対象機種はiOS 13.0以上を搭載した端末。

 アプリを通じて取得した利用履歴は、同社の「マネーフォワード ME」や、クラウド型経費精算システム「マネーフォワード クラウド経費」と連携できる。利用履歴を自動取得できる交通系ICカードはモバイルSuicaに限られていたが、これにより手作業で記録する必要がなくなる。

 利用するには、まずアプリをダウンロードして端末に交通系ICカードをかざし、データを読み取る。サービス、端末、ICカードのひも付けを行って、マネーフォワード MEやマネーフォワード クラウド経費のユーザー情報を入力し、端末やICカード情報をひも付ければ利用できる。一度ひも付ければ、以降はアプリを起動してカードをタッチすれば、利用履歴が各サービスに自動で連携される。

ITmedia Mobile

最終更新:9/20(金) 17:14
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事