ここから本文です

新作能と民俗舞踊フェスティバルを野外で楽しむ、東池袋中央公園で今週末開催

9/20(金) 14:16配信

ステージナタリー

9月21日にIKEBUKURO薪能「能楽Quest」、翌22日に「このほしでひとはおどるー民俗舞踊フェスティバルー」が、いずれも東京・東池袋中央公園で行われる。

【写真】「ひとはおどる」郡上踊り保存会(撮影:梁丞佑)(メディアギャラリー他1件)

「東京芸術祭2019」のプログラムとして実施される本企画は、屋外で日本の伝統芸能を鑑賞することができるイベント。「能楽Quest」では、能の古典「松虫」「小鍛冶」「皇帝」「楊貴妃」「石橋」などを随所にちりばめたオムニバス形式の新作能が上演され、「このほしでひとはおどる」では長崎獅子舞、阿波踊り、西馬音内盆踊りなど地域に根差した民俗舞踊が、時間ごとに披露される。

なお「このほしでひとはおどる」は、第2会場である東京・東武百貨店池袋店 8Fスカイデッキ広場でも実施予定だ。

■ 伝統芸能@野外公園 IKEBUKURO薪能「能楽Quest」(東アジア文化都市2019豊島スペシャル事業)
2019年9月21日(土)18:00~
東京都 東池袋中央公園 特設能舞台

構成・演出:観世喜正、奥川恒治

■ 伝統芸能@野外公園「このほしでひとはおどるー民俗舞踊フェスティバルー」(東アジア文化都市2019豊島スペシャル事業)
2019年9月22日(日)11:00~
東京都 東池袋中央公園

最終更新:9/20(金) 14:16
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事