ここから本文です

オリックス・岸田が引退会見「優勝はすごくしたかった」【一問一答1】

9/20(金) 21:30配信

デイリースポーツ

 オリックス・岸田護投手(38)が20日、京セラドーム大阪内で会見を開き今季限りでの現役引退を表明した。

【写真】会見を見ていた選手に「花束はないのか?」とジョークを飛ばす

 -今の心境は?

 「率直に、すっきりしています。悔いがないと言えば、ゼロではないんですけど、やりきった気持ちはあります」

 -誰に相談?

 「一番最初には家族に相談しました。うすうすは、いつか来ることだとは分かっていたと思うので、すがすがしく受け止めてくれました」

 -監督やチームメートには?

 「みなさんにあいさつしました」

 -会見場には田口コーチや選手(吉田一、海田、山崎福)の姿がある。

 「ありがたい限りで。絶対に泣かないだろうなと思っていましたが、今ちょっと、顔を見て、ぐっときました」

 -母校の履正社が今年日本一になった。岡田監督に報告は?

 「電話でおめでとうございます、ということと引退します、ということを同時に。あまりビックリしていなかったので、そろそろ掛かってくるだろうと感じていたと思います。お世話になった監督なので、長くお話させていただきました」

 -優勝はかなわなかった。

 「優勝はすごくしたかったです。そこだけですかね。悔いがあるとしたら」

 -14年を振り返って。

 「そんなに声を大にして誇れるような数字は残してないですけど、楽しかったですよね。すごく野球に向き合いました」

 -思い出に残るシーンは?

 「たくさんあるんですが、特にうれしかったのは、勝った試合はすべてうれしかったですね。悔しかったのは優勝できなかったこと」

 -印象に残るシーンは?

 「2桁勝った時の試合が、14年間で一番ボクにとって大きな試合かな。今、思えば」

 -対戦した打者のなかで自分を奮い立たせてくれたのは?

 「難しいですね。いっぱいいましたからね。若い時に投げた、1年目とか2年目とかに対戦したバッターが、相手バッターは何億ももらっているスタープレーヤー。抑えられる気はしなかったですね。絶対打たれると思って投げていたのは覚えています。(それでも抑えた?)いや、打たれましたね(苦笑)」

 -それが原点ですか?

 「そうですね。若い時のことが原点で、そこからの積み重ねでここまでやれたと思っています」

 -若い選手にメッセージは?

 「そんなにエラそうに伝えられることはないです。若い子が入った頃から今のボクより上のレベルにいました。ボクが勉強させてもらいました。これからはチーム一丸となって、優勝を味わったことのない子、そこだけを目指してやってほしいですね。それが自分のためにもなりますから」

 -今後のビジョンは?

 「全然考えたことがなかったので、明確には今、ありません」

 -チームに残って?

 「まだハッキリとは決まっていませんので分かりません」

 -引退セレモニーではやはり投げたい?

 「投げる機会がなかったら困ります(笑)。あってほしいと思います。そういう機会をつくっていただけたら、全力でそこに向かっていきたいです」

 -ソフトバンク戦だが。

 「イヤですね。いや、うれしいです。いいバッターばかりなので、ありがたいです」

 -ファンにメッセージを。

 「14年間…。1年目すごくちっちゃい子が応援してくれました。今は大きくなって、最後の最後まで応援してくれた人がたくさんいて、優勝を味わいたかったが、それがかなわず悔しいですが、ここまでできたのもファンの声援があったから。心から感謝しています。これからもオリックスを応援しつづけてほしいと思います」

最終更新:9/20(金) 22:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事