ここから本文です

LITEの未発表曲や海外ライブ配信など楽しめるアプリ「The Room」リリース

9/20(金) 18:00配信

音楽ナタリー

LITEのiOS / Android用アプリ「The Room」が本日9月20日にリリースされた。

【写真】LITEのアプリ「The Room」ロゴ(メディアギャラリー他2件)

「The Room」は“LITEだけのデジタルコンテンツのアートガレージ”をコンセプトとしたアプリ。制作途中の新曲や、アルバムコンセプトから外れたために発表されなかった楽曲、デモ音源などが公開される。アプリにはさっそく未発表曲「Column」「S」、最新アルバム「Multiple」の収録曲「Ring」を武田信幸(G)が歌唱するアナザーバージョン、7月に東京・WWW Xで行われたライブツアー「LITE "MULTIPLE" JAPAN TOUR」の最終公演の全編ライブ映像などがアップされている。

今後は10月に行われる「Multiple US Tour」のライブストリーミングや、販売終了となっている商品が購入できるWebストアの展開も予定されている。月額利用料は980円。一部コンテンツは無料で利用できる。

■ 武田信幸(LITE)コメント
LITEは16年の活動の中で、6枚のアルバムを出し、色々な国でライブをしてきています。
しかし、これまでのバンドの活動方針は「リリースされた音源」「会場でのライブ体験」という、ある意味制限された中でファンとどう関わっていくか、という点に絞られてきたように思います。
一方で、LITEの16年の活動で生み出されてきた作品や音楽活動は世に出ているものだけではありません。

・良い曲なのにアルバムコンセプトから外れるためリリースされなかった曲。
・様々な理由でデモ音源のままになっている曲。
・海外でのライブの空気感。

こうした世に出ていない作品や活動も、大事なLITEの一部だと思っていますが、音源やライブなどの限定的な手法ではすべてのファンに届けることはできません。
発信方法が多様化する中で、LITEの活動全てを既存のフォーマットでなく、新しいフォーマットでファンともっと共有できたら、今以上にLITEを知ってもらえるし楽しんもらえるのではと考えるようになりました。

そこで、LITEのアンオフィシャルなコンテンツをシェアできる独自アプリケーションを作りました。
これはファンクラブでもなく、オンラインサロンでもなく、その中間に位置する「LITEだけのデジタルコンテンツのアートガレージ」です。

その名前は部屋を意味する「The Room」。

ガレージに作品を展示してみんなに好きな時に見に来たり買いに来たりしてもらうイメージでつけました。

これまでには無い新しい形の音楽の楽しみ方を提示していきますので、楽しんで貰えればと思います!

最終更新:9/20(金) 18:00
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事