ここから本文です

笑い飯・西田が「座王」で通算100勝達成「今後の目標はもちろん200勝」

9/21(土) 9:03配信

スポーツ報知

 10人の芸人が即興芸で面白さを競う、大阪・カンテレの「千原ジュニアの座王」(土曜・深夜1時45分、関西ローカル)の21日放送分で、「Mr.座王」こと笑い飯・西田幸治(45)が前人未踏の100勝を達成する。

 同番組は、10人の出場者が、大喜利・ギャグ・ものまね、などお題が書かれたイス取りゲームを行い、座れなかった芸人が「この芸人に、このお題でなら勝てる!」という芸人を指名して勝負するもの。2017年10月に特番で始まり、18年4月にレギュラー昇格したが、西田が通算で100人の芸人を負かしたことに。

 最終的に勝ち残って得た「座王」の称号も番組最多の21回獲得している西田だが、勝ち続ける重圧に苦しんでいたようで、「古代ローマの闘技場で戦わさせられる奴隷のような気分。100勝達成したら、この戦いから抜けられるシステムがあったらいいのに」と、こぼしたほど。それでも、司会の千原ジュニア(45)から「おめでとう。これからは、審査員側に回りたくない?」と聞かれると「いいえ。審査員よりプレイヤーとして出る方がいいです」と、きっぱり。

 “座王の鬼”は「(2年間は)長いようで短かった。やってるときは、そろそろ開放してほしいと思うんですけど、やっぱり優勝すると気分がいいので、また出たいなと思います。今後の目標はもちろん200勝。優勝も回を重ねていきたい」と貪欲だった。

最終更新:9/21(土) 9:03
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事