ここから本文です

温暖化対策求めシドニーに5万人 「石炭火力発電はやめろ」

9/20(金) 17:59配信

共同通信

 【シドニー共同】オーストラリアの最大都市シドニー中心部の広場で20日、地球温暖化対策を求める集会が開かれ、約5万人が詰め掛けた。豊富な石炭を産出する同国は発電量の大部分を二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力発電に頼っており、若者らは炭鉱開発の中止などを求めた。

 制服姿の中学生ジュネビーブさん(13)は学校の許可を得て参加。「政治家は十分な対策をしていない。グレートバリアリーフを温暖化の被害から守るためにも石炭火力発電はやめるべきだ」と話した。

 この日は海面上昇により水没が懸念されるバヌアツやソロモン諸島など南太平洋の島国でも同様の集会が開かれた。

最終更新:9/20(金) 18:13
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事