ここから本文です

大阪柴島、5回一挙5点で逆転V…第44回大淀大会

9/20(金) 18:10配信

スポーツ報知

◆第44回大淀大会 ◇中学生の部▽決勝 淀川ボーイズ4―10大阪柴島ボーイズ(14、15日・大阪シティ信用金庫スタジアムほか)

 「第44回大淀大会」の決勝は15日行われ、中学生の部では大阪柴島ボーイズが淀川ボーイズに逆転勝ちしV。ホストチームの大淀ボーイズ(いずれも大阪北支部)はA、B2チームともに4強入りを果たしたが、頂点に届かなかった

 大阪柴島の新チームが尻上がりに調子を上げて優勝した。1回戦、2回戦をともに1点差で勝ち上がると、準決勝では5得点と快音を響かせ快勝。決勝では、初回に4失点する逆風スタートも、4回終了時の休憩タイムに円陣を組み結束。士気が高まったナインは、1点を追う5回に山下の中前適時打や鐘江の2点適時打で、一挙5点を挙げ試合をひっくり返した。

 投手陣も見せた。準決勝の福田、決勝の奥田らが粘りの投球を見せたことに、井上監督も「投手3人の体力がついて全て完投したことが勝因」と賛辞を贈った。

 投手としてだけでなく、主将としてもチームを頂点に導いた奥田は「初回(4失点)は反省だけど、2回以降は捕手を信じて投げられた。全国へ行った先輩たちに追いつけるよう頑張ります」と宣言。新生・大阪柴島には“伝統の重み”が着実に受け継がれている。

最終更新:9/22(日) 21:44
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事