ここから本文です

武尊、那須川天心戦へ「もちろん僕も試合をやりたいです」

9/20(金) 18:55配信

スポーツ報知

 11月24日横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」の第2弾対戦カード発表会見が19日東京都内で行われ、スーパー・フェザー級王者・武尊(28)の8か月ぶりの復帰戦が発表された。

 今年3月に開催された「K’FESTA.2」で、ムエタイ現役王者・ヨーキッサダーからKO勝利を納めるが、右拳を負傷し人生初の手術を行った武尊。8か月ぶりとなる復帰戦の対戦相手は前フェザー級王者・村越優汰に決定した。

 武尊は「約8か月ぶりにリングに戻ってくることができました。これだけ右のパンチを打てなかったことがなかったので、正直苦しい期間でした。でも右の拳が使えない分、他の部分がもっと成長できた期間だったので、この期間は無駄じゃなかったと思う。3月の試合より強くなった武尊を見せられると思います。楽しみにしていていください」と復帰戦への意気込みを語った。

 対戦相手の村越については「他団体でチャンピオンを獲った時から知っていて、同じ階級でもあるし強い選手だなと思っていた。印象としてはテクニックのある選手だなと思う」といい、「サウスポーは結構やっているので、意外と(村越と)似てるタイプの選手もやってきてるのかなと思うし、ジムに卜部功也くんっていう世界最強のサウスポーがいるので対策は問題ないです」とサイスポー対策は万全。手術した拳については「今は100%ではないですけど、8割ぐらいでは打てる」と明かした。

 また、那須川天心(21)がRISEのリング上で武尊の名前を挙げたことにふれ「最後に一言だけ、僕からいいですか。今ネットとかですごい話題になってることについて言わせて頂きたいんですけど、那須川天心選手から対戦したいっていうのを長年言われてきて、もちろん僕も試合をやりたいですし、そのためにずっと動いてますし、でも今回の試合に勝たないと次はないと思うので、僕は次の試合に集中するし、その件に関してもK-1の中の方たちと話をずっと進めていて、これからもそのことについてはK-1の人と進めていくので、まずは11月24日の試合、必ず勝つので応援よろしくお願いします」とコメントした。

最終更新:9/20(金) 18:55
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事