ここから本文です

中川翼、主演映画が秋田県でクランクイン「僕が今思ってる全てを吐き出せたら」

9/20(金) 23:27配信

スポーツ報知

 TBS系「わたしを離さないで」(16年)で三浦春馬の幼少期役を演じ、話題を集めた若手俳優の中川翼(13)が主演する映画「光を追いかけて」(21年公開、成田洋一監督)がこのほど、ロケ地の秋田県でクランクインしたことが発表された。

 秋田県の架空の町が舞台。東京からUターンした父親とともに転校した男子中学生(中川)が、空に浮かんだ謎の光りを追うと、田んぼにミステリーサークルができていた。さらに、そこに横たわる美少女(長澤樹)と出会い、秘密を共有する青春作。映画初主演の中川は「僕が今思ってる全てを吐き出せたらと思っています。秋田だから見える景色、経験できることを共演者やスタッフの皆さんと一緒に体感しながらクランクアップまで頑張ります」と意気込みを語った。

 ヒロイン役の長澤は映画初出演。秋田に訪れるのも初めてで「分からないことだらけのところから始まりましたが、たくさんの方々の協力のおかげで、とてもいい緊張感を持ちながら、撮影に臨ませていただいています」とコメント。一方、秋田が誇る名優・柳葉敏郎(58)と元乃木坂46の生駒里奈(23)の同県出身者が脇を固める。柳葉は「大人が変わらなければ子どもも変われない。この作品を通して、秋田県民のみならず、人生に一歩踏み出す勇気を持つことの大切さに気づいてほしい」と呼びかけた。

 ◆中川 翼(なかがわ・つばさ)2005年12月6日、神奈川県生まれ。13歳。子役時代の15年、TBS系「ORANGE~1.17命懸けで闘った消防士の魂の物語~」で工藤阿須加の幼少期、16年、映画「僕だけがいない街」で藤原竜也の幼少期、17年、NHK「おんな城主 直虎」で尾上松也の幼少期役など数々の実力派俳優の幼少期役を演じ、注目を集める。趣味は読書と料理。身長169センチ。

最終更新:9/22(日) 7:29
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事