ここから本文です

智弁和歌山、国体で木製バット使用 中谷監督「きっかけにしてもらうため」

9/21(土) 9:14配信

スポーツ報知

 智弁和歌山が、茨城国体(29日~10月2日)で木製バットを使用することが20日、分かった。

【写真】【侍U18】日本5位…人選に偏り 一、二塁手の代表選出なし 木製バット対策なども実らず

 巨人などで活躍した同校の中谷仁監督(40)は「国体は3年生が主体で、この先も(大学などで)野球を続ける。金属バットを使うことはもうない。選手の勉強、きっかけにしてもらうため」と理由を明かした。

 国体では選手が個々に木製を使うケースはあるが、チーム全体となると異例。規則上、問題はなく、相手が金属バットを使用しても、智弁和歌山は決勝まで木製を使うという。星稜(石川)との1回戦は両校合意の上で、ともに木製を使うことも分かった。

最終更新:9/21(土) 12:21
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事