ここから本文です

アニメ『ギヴン』2020年映画公開 春樹、秋彦、雨月の恋をメインに描く

9/20(金) 8:30配信

オリコン

 ノイタミナ初、BLコミックをアニメ化したキヅナツキ氏原作による『ギヴン』の劇場版が2020年に公開されることが、19日深夜放送のアニメ最終話で発表された。併せてPVも解禁となった。

【動画】『映画 ギヴン』PV

 同作は、高校生離れしたギターの腕前を持つが情熱を忘れてしまった上ノ山立夏が、壊れたギターを抱えた佐藤真冬と出会う。日々の生活の中で音楽への情熱を失いかけていた立夏だったが、印象的な歌声を持つ真冬の歌が心に刺さり、真冬を自分のバンドに誘い2人の距離が変わり始めるという青春バンドストーリー。

 ギター&ボーカル・佐藤真冬役を矢野奨吾、ギター・上ノ山立夏役を内田雄馬、大学院生でバンド内最年長のベース・中山春樹役を中澤まさとも、強面だがとにかくモテるドラム・梶秋彦役を江口拓也が担当している。

 TVシリーズでは、高校生の真冬と立夏2人の切なくて淡い恋がメインだったが、映画では大人メンバーである春樹、秋彦、そして明彦の高校時代の同級生で世界的なバイオリニスト・村田雨月(浅沼晋太郎)の苦くて熱い恋をメインに描く。

 ティザービジュアルも公開され、春樹の自宅で春樹と秋彦がリラックスした日常の姿が描かれている。

最終更新:9/21(土) 10:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事