ここから本文です

IZ*ONE・宮脇咲良プロデュースのコンタクトレンズ『MOLAK』誕生

9/20(金) 11:54配信

デビュー

 IZ*ONE・宮脇咲良がイメージモデルを務める新カラーコンタクトレンズブランド『MOLAK(モラク)』が11月に発売される。シリーズ中2色は宮脇が大きさや色味、発色をチェックしたプロデュースレンズとなっている。

【写真】IZ*ONE・宮脇咲良

 韓国人9人、日本人3人の合計12人で構成される、国際的人気を誇るグローバルグループ「IZ*ONE」で活躍。その美しい顔立ちとスタイルの良さから多くの女性たちの憧れとなっている宮脇咲良をイメージモデルに起用した、新カラーコンタクトレンズブランド『MOLAK』。

 『MOLAK』の語源は「ふわふわ、ゆらゆら」という意味。新しいアイドルの形で活躍する宮脇のように「柔らかくガーリーでありながら、どこか大人っぽくて芯のある自分になりたい」と考える女性のためのブランドとして誕生。変化する自分の気分に寄り添い、なりたい印象を叶える新しいカラーコンタクトレンズブランドとなっている。

 『MOLAK』は瞳の印象を引き立てるカラーリングと繊細なデザインで、もともとの自目のようだけどしっかり発色し、自然な美しさを演出できるのが特徴。派手過ぎず、地味すぎないデザインで、ちょっとアンニュイな、自分の目だけど今までの自分とは違った雰囲気を感じられるレンズ。

 シリーズ中2色は宮脇がプロデュース。日本と海外を行き来する多忙なスケジュールの合間を縫って、積極的に商品開発に関わった。レンズの着色の大きさや色味、発色などをしっかりチェックし、彼女のイメージを形にしたレンズが完成した。

 同ブランドは、1day(全6色)と1month(全8色)にて展開予定。先行して1day(全6色)を11月中旬よりWEBサイトおよび一部店頭にて販売。

■宮脇咲良プロフィール

1998年3月19日生まれ、鹿児島県鹿児島市出身。
日韓合同グローバルグループIZ*ONEのメンバー。
日韓同時放送のオーディション番組『PRODUCE48』に出演した際、番組オリジナル曲「NEKKOYA」でセンターを務める。オーディション日韓参加者96人中、最終2位に見事ランクインし、2018年10月に『IZ*ONE』としてデビュー。グループデビューから3か月で新人賞5冠達成、2019年8月21日の日本ツアー初日ではデビュー1年未満ながら幕張メッセにて1万4,000人を動員するなど華々しい活躍を続ける。趣味はゲーム、映画、舞台鑑賞。特技は面白い絵をかくこと。

最終更新:9/20(金) 14:00
デビュー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事