ここから本文です

マツダ、コンパクトSUV「CX-30」予約スタート

9/20(金) 11:03配信

MOTA

2019年10月24日販売開始、SKYSCTIV-Xは2020年1月から

マツダは、新世代商品の第2弾となるクロスオーバーSUV「CX-30(シーエックス サーティー)」を2019年9月20日より予約受注を開始した。価格は239万2500円~371万3600円(消費税込み)。

■美しいボディ曲面に注目! CX-30の内外装を画像で見る(38枚)

感性を刺激するデザイン

■光を映す美しい外装とボディカラー
CX-30の外観は、滑らかなボディ曲面による美しさと、ホイールアーチ部とボディ下部の幅広ガーニッシュ(クラッディングパネル)によるSUVらしい力強さを両立させたデザインとなっている。
フロントフェンダーからリアタイヤへとスピード感ある弧を描いたショルダー部は、書道のひと筆書きから着想を得たもの。またその下のボディ面は、クルマの動きとともに周囲の景色がS字型に揺らめきながら映り込む、光の移ろいを表現している。
ボディカラーは全8色で、「カラーも造形の一部」と考え開発された「ソウルレッドクリスタルメタリック」「マシーングレープレミアムメタリック」に加え、MAZDA3で新開発の「ポリメタルグレーメタリック」も設定。

■クルマとの一体感を強める内装
CX-30のコクピットは、ドライバーを中心に表示機器、操作スイッチ等を左右対称にし、それらをドライバーへ向けて正対させるように配置することで、クルマとの一体感を強めた。
助手席は、メーターフードを起点に、助手席側のドアトリムまで美しくカーブを描くウイング状のフード造形を採用。前席乗員を大きく包み込むようなデザインによって、コクピットとは対照的に居心地のよさと安心感を提供する。またウイングの縁部分の縫製や末端部の金属加飾が、室内全体の上質さを引き立てる。

コンパクトながら居心地の良い室内空間

■日常の使いやすさを追求したボディサイズ
CX-30は全長4395mm、全高1540mm、全幅1795mmで、都市部でも取り回しが良く立体駐車場を気軽に使えるコンパクトサイズ。クロスオーバーSUVとして最低地上高を高めに設定しながらも、地面から着座位置までの高さを最適化し、前後の席で自然な乗降性を確保した。

■ゆったりとした室内空間と荷室
CX-30の前席は、乗員間の間隔を同モデルより大きなSUV「CX-5」と同等に広く確保するとともに、幅広のセンターアームレスト・ドアアームレストを採用し、窮屈感のない快適な着座姿勢を実現した。
後席は前席との距離を長めに取るとともに、着座位置の高さとフロア高を調整することで、大きな体格の乗員でも余裕を持って着座できる頭上空間を確保。全席の着座位置と距離を最適化し、乗員同士の顔が見えやすく、会話のしやすい室内空間とした。
また荷室は、大型ベビーカーと旅行用バッグなどを同時に積載できる 430Lの容量と1020mmの開口幅を確保。開口部下端の高さを地上から731mmに設定し、大きな荷物や重たい荷物の積み降ろしでも体への負担が最小限となるように造り込んでいる。
さらに電動でリアゲートの開閉ができる「パワーリフトゲート」を、20S(グレード)を除くすべての機種に標準設定。リアゲートを開閉するダンパーの一部部品を樹脂製にするなど、滑らかな動きと静かな作動音を追求している。

1/3ページ

最終更新:9/20(金) 11:03
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事