ここから本文です

アーセナル、大苦戦もフランクフルトから3発勝利!鎌田は決定機量産もゴール生まれず

9/20(金) 3:46配信

GOAL

フランクフルトは再三の決定機いかせず

ヨーロッパリーグ(EL)は19日にグループリーグ第1節が行われ、フランクフルトとアーセナルが対戦した。

昨季4強と躍進を果たし、今季も予選を勝ち抜いて本戦へ出場したフランクフルト。グループリーグ初戦では、昨季のファイナリストであるアーセナルとホームで激突した。長谷部誠&鎌田大地の日本人コンビはこの日も先発出場を果たしている。対するアーセナルでは、オーバメヤンやジャカ、トレイラといった選手が先発する一方、19歳スミス=ロウや18歳サカといった若手もスタートからプレーしている。

試合は前半から打ち合いとなり、互いに決定機を迎える展開に。すると38分、アーセナルが自陣からカウンターを発動。サカが相手DFをかわしてパスを送ると、抜け出したウィロックがカットインからゴールを奪った。前半はアーセナルがリードして折り返す。

後半立ち上がりは、ビハインドを背負うフランクフルトが攻勢を仕掛け、相手ボックス内まで攻め込む時間を作る。対するアーセナルは、前半同様カウンターで決定機を作り、50分にはオーバメヤンが決定機を迎える。56分には、ジャカのFKがバーに直撃。後半もオープンな展開となる。

後半途中からはフランクフルトが何度もシュートチャンスを迎え、アーセナルがなんとか耐える展開に。アーセナルの中盤での守備は機能せず、フランクフルトは畳み掛けるが、1点が遠い。しかし79分、アーセナルのカウンター時に仕掛けたサカをコールが後ろから倒してしまい、2枚目のイエローカードで退場に。良い流れを維持していたフランクフルトだが、数的不利となった。フランクフルトの選手たちは判定への不満を覚え、その後鎌田も執拗な抗議で警告を受ける。

すると流れはアーセナルへ。85分、GKのスローからカウンターを発動。ペペが右サイドで仕掛けて中央へラストパス。受けたサカは長谷部を剥がし、ボックス外から狙いすましたシュートを蹴り込んだ。アウェイチームが決定的な2点目を奪う。

さらに87分、相手陣内でボールを奪い、オーバメヤンがダメ押しの3点目。試合はこのまま終了。アーセナルが3-0でフランクフルトを下した。

■試合結果
フランクフルト 0-3 アーセナル

■得点者
フランクフルト:なし
アーセナル:ウィロック(38分)、サカ(85分)、オーバメヤン(87分)

最終更新:9/20(金) 3:46
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事