ここから本文です

『ポケモンソード・シールド』公式HPの「バグ演出」は、初代ファンへのメッセージ?

9/20(金) 11:40配信

マグミクス

公式ページの不可解な”バグ”から、『赤・緑』が思い出される

 2019年11月15日(金)に発売が予定されている任天堂Switch用ソフト「ポケットモンスターソード・シールド」は、新情報が公開されるたびに、またたく間にファン同士で情報が共有され、新要素の考察も盛んに行われています。発売日が迫るなか、同公式ホームページで公開された新ポケモンの”風変わり”な発表方法に大きな注目が集まりました。

【画像】新ポケモン”ネギガナイト”と、「バグ」復旧前後の様子(7枚)

 発表されたポケモンは”ネギガナイト”。初代から登場している”カモネギ”というポケモンが進化したポケモンですが……。正式な発表に至るまで、公式は「あるポケモンがウェブページにいたずらをした」と表明し、ページ画面上にモザイクがかったシルエットと虫食いの説明文を表示させました。いわゆる”ゲームのバグ画面”を思わせる表現を用いたのです。

 このトリッキーな発表方法は、もちろん製作側の遊び心を感じさせるものですが、同時に、”懐かしさ”を感じてしまうファンも多かったのではないでしょうか。

 というのも、ゲームボーイ向けに発売された初代『ポケットモンスター赤・緑』からプレイしている長年のポケモンファンの多くは、この”バグのような画面”に見覚えがあるからです。

 初代ポケモンにおいて、”バグ”は製品の欠陥とは受け止められていませんでした。むしろバグを伴う裏技は”危ないが魅力的な遊び方”ととらえられ、ポケモンを楽しむ要素のひとつとなっていたのです。

「道具の〇〇番目で〇〇回セレクトボタンを押すと……」
「幻のポケモン”ミュウ”を釣り上げるには……」

 このようなバグを伴う裏技は、インターネットが広く普及する前から、都市伝説のように形を変えて子供たちの間に伝わっていたのです。度が過ぎた裏技を使うことで、半分壊れてしまったようなグラフィックに絶望することも、珍しい光景ではありませんでした。

 発表された新ポケモンが「初代」から登場しているポケモンの進化形であることからも、今回のバグ演出は当時のユーザーの心に「刺さる」メッセージだったと考えることができるのです。

マグミクス編集部

最終更新:9/20(金) 14:42
マグミクス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事