ここから本文です

TAKAHIRO、木下優樹菜、役所広司…意外な経歴を持つ芸能人たち【動画付き】

9/20(金) 12:34配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 芸能人としてブレイクするまでの経歴を辿ってみると、実に様々な経験を持つ人の多さに驚く。芸能人の共通点をクイズ形式でお伝えする動画コンテンツ『つながり芸能人』では、そんなユニークな経歴を持つ芸能人を紹介している。

 EXILEのTAKAHIROは、元々美容師を目指しており美容専門学校に入学。ちなみにIKKOも同じ美容学校出身という。卒業後は、原宿の美容室で働いたという経歴を持つ。その間歌手への思いが徐々に膨らみ、2006年にオーディションに挑戦。見事合格し、EXILEに加入した。

 モデルでタレントの木下優樹菜は、渋谷109のアパレルショップ「moussy」で店員として働いていた経歴を持つ。当時から雑誌などにもカリスマ店員として多く登場。そのまま、芸能界入りした。

 俳優の役所広司は、その芸名にもあるように公務員の経歴を持つ。仲代達矢主演の舞台に感激し、俳優への転身を決めたという。その後、数多くの俳優を輩出した、仲代主宰の養成所「無名塾」に合格。俳優の道を歩むこととなった。

 役所同様に一旦就職してからの転身は多く、俳優の田中要次、歌手の藤井フミヤは国鉄(当時)出身。とんねるずの石橋貴明はホテルマン、木梨憲武は自動車会社のサラリーマンからお笑いを目指した。俳優の佐々木蔵之介の前職は、広告代理店。実はお笑いコンビ・ますだおかだの増田英彦と同期。

 芸能人との二足のわらじで、大きな功績を残している人もいる。怪談で有名な稲川淳二は、工業デザイナーとしてグッドデザイン賞を受賞している。そのほか、ユニークな経歴としては、俳優の竹内力の銀行員。向井理のバーテンダーなどがある。

 唐沢寿明は、下積み時代にスーツアクターだった。東映アクションクラブに所属し、「仮面ライダー」シリーズなどに出演していたという。その後、俳優としてブレイク、2014年にはスーツアクターを題材にした映画『イン・ザ・ヒーロー』に主演するという運命の巡り合わせにも恵まれている。

 様々な個性を持つ芸能人たち。その経歴もまた個性的なようだ。

最終更新:9/20(金) 16:58
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事