ここから本文です

“ラグビー登山家”長澤奏喜 W杯で日本が戦うロシア最高峰へ まさかの入国トラブルに勝利のヒント

9/20(金) 6:03配信

東海テレビ

5日かけてロシアの最高峰を制覇

 9月20日、いよいよ開幕するラグビーW杯。前回のイングランド大会では“ラグビー途上国”の日本が、強豪の南アフリカを破り、「ブライトンの奇跡」と称された。

【画像で見る】“ラグビー登山家”長澤奏喜がロシアの最高峰で見た景色

 その奇跡を知ったひとりのラグビーファンは、4年前に受け取った「奇跡のパス」を日本代表に、そして日本中に送ろうと、今回を含むW杯8大会に出場した22の国と3つの地域の最高峰の頂にラグビーボールをトライする旅に出た。

 愛知県春日井市の長澤奏喜、自称「世界初のラグビー登山家」だ。8月に富士山で最後のトライを終え、壮大な旅に終止符を打った。この企画ではその彼が、旅の喜びや苦労、そしてW杯への思いを連載で伝える。

■日本のW杯初戦の対戦相手「ロシア」の最高峰へ

 9月20日、日本で初めて開催されるラグビーW杯がいよいよ開幕する。この日、日本が対戦するロシア…最高峰はエルブルス山(5,642m)だ。僕がこの山頂を目指したのは今年7月、海外24カ国の最後の旅だった。

 この山は世界七大陸最高峰の一つで、ヨーロッパ大陸では最高峰として知られる観光スポットでもある。それまでの旅は現地で雇ったスタッフや同行してくれた知人と登ることが多かったが、今回の登山では、「単独」で挑んだ。

 その理由は「自分自身の登山をしたい」という登山家精神というよりも、ロシア語が読めず、現地のコーディネーターと接触するのが億劫だったという理由の方が強い。

 その一方で、最後の海外登山ということもあり、ほぼ初心者から登山を始めた僕がこのプロジェクトの2年半でいかに己が成長したのかを試してみたいという思いもあった。

 しかし、山にたどり着く前からトラブルが待ち受けていた。僕はロシアの直前に、ジョージアのカズベキ山(5,033m)に登頂していた。カズベキ山とエルブルス山は同じコーカサス山脈に属し、直線距離でもそれほどの距離ではなかったため、陸路で国境を越えようと直接向かったが…その読みが甘かった。

■「どこに泊まるのか?」…ロシア入りの国境でトラブル

 国境を超える人たちが、次々とスタンプを押されてロシア入りしていく。しかし、僕には担当者が全然押してくれない…。ビザを何度も虫眼鏡で調べられ、その表情が次第に険しくなった。相手は英語を話すことができず、僕はロシア語がわからない…コミュニケーションが取れない。

 僕は別の建物に移動させられた。そして担当者も変わったが、姿や格好がイカツイ。肩に星の入ったマークがあり、おそらく軍の関係者ではないだろうか。そこから長い詰問が始まった。

 ロシアに入国するにはビザの他にもバウチャーという招待状が必要だが、そこに登録されている宿が存在しない架空のものだった。

 ロシアでは個人旅行はメジャーではなくツアー旅行が一般的で、ビザの取得ために手続き上の書類でしかないバウチャーはあまり気にされないと聞いていた。自分が依頼した会社だけでなく、他の会社のバウチャーも書かれていることはだいたい適当であると聞いており、ここで出鼻を挫かれるとは思ってもいなかった。

「自分は山を登りに来ている」「決して怪しい者ではない」、僕が必死になって説明すると、担当者は「じゃあ、どこに泊まるのか?」と水掛け論が続く。

 国境付近はロシアの中でも辺境の地で、通信がなく、インターネットで他のホテルを探すこともできない。「自分はテントを持っているからどこでも泊まることできる」「むしろホテルには泊まらない」と粘り強く話すことで最後は事なきを得た。このやり取りの中で感じ取ったのは、ロシア人の、特に軍の人間の独特な威圧感だ。

 ロシアのラグビー代表は、軍を母体にしていると聞いたことがある。日本代表が勝つためには彼らの威圧感に臆することのない強い意志が必要かもしれない。

1/3ページ

最終更新:9/20(金) 6:03
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事