ここから本文です

菅野、田中兄弟など現役の東海大相模OBは10名 高校時代の活躍も振り返る

9/20(金) 6:10配信

高校野球ドットコム

 激戦区と呼ばれて久しい神奈川県高校野球。横浜と共に、長らく二大巨頭として君臨している東海大相模だが、特にここ最近のOBの活躍は目を引くものがある。
 そこで今回は、現役の東海大相模OBに焦点を当て、アマチュア時代の活躍と共に紹介していきたい。まずは現在NPBに所属する東海大相模のOBから見ていこう。

菅野 智之(巨人)
大城卓三(巨人)
田中 俊太(巨人)
友永翔太(中日)
小笠原 慎之介(中日)
渡辺 勝(中日)
田中 広輔(広島)
菅野 剛士(ロッテ)
大田 泰示(日本ハム)
市川友也(ソフトバンク)

 まず問答無用に名前が挙がるのは、菅野 智之(巨人)と田中 広輔(広島)だ。高校時代の菅野は、最速147キロのストレートと大きく割れるスライダーを武器に、高校3年頃から注目を集めるようになり、大学進学後にその才能が一気に開花した。
 また田中 広輔も、果敢な走塁に加えて高校通算38本塁打の長打力も兼ね備え、ドラフト上位候補として名前が存在であった。
 その後の二人の活躍は、もはや説明不要だろう。共にWBC日本代表にも選出され、プロ野球を代表する選手になった。

 また、菅野と田中の一つ下の世代では大田 泰示(日本ハム)と角 晃多(元ロッテ)が高卒でプロ入りを果たした。大田はドラフト1位で読売ジャイアンツへ入団するも、長く伸び悩んでいたが、日本ハムへのトレードを機に持ち前の潜在能力が開花。現在は、日本ハムの主力として活躍を見せてる。
 角は育成ドラフト3位で千葉ロッテマリーンズに入団。2012年には、支配下選手登録を勝ち取り、期待をされる存在となりつつあったが、2014年に戦力外通告を受けた。

 大田と角が卒業した翌年の2010年、東海大相模はここから一時代を築く。 一二三 慎太(元阪神)と大城卓三(巨人)のバッテリーを軸に、二季連続で甲子園に出場を果たし、特に夏の選手権大会では準優勝と大きく躍進した。
 さらに翌年の2011年、今度は田中 俊太(巨人)、渡辺 勝(中日)、菅野 剛士(ロッテ)などが並ぶ切れ目のない打線を擁して、2度目の選抜甲子園優勝を果たした。

 さらに4年後の2015年、東海大相模は1970年以来の夏の選手権大会優勝を果たす。この時に軸となったのが、小笠原 慎之介(中日)と吉田 凌(オリックス)の強力な二枚看板だ。小笠原、吉田の獅子奮迅のピッチングで全国制覇を達成すると、その後揃ってプロ野球の世界へと進んだ。二人のプロでの活躍にも期待が懸かる。

 いかがだろうか。近年の東海大相模OBの活躍を振り返ると、激戦区・神奈川の二大巨頭の名に恥じない活躍を見せていることがわかる。現在の東海大相模にも遠藤 成(3年)や西川 僚祐(2年)、山村 崇嘉(2年)など、プロ入りが期待できる選手が多くいる。今後の活躍にも注目だ。

最終更新:9/20(金) 7:28
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事