ここから本文です

激戦SUV市場でガチに戦う!マツダ CX-30 徹底解説

9/20(金) 14:30配信

MOTA

新型CX-30は激戦区「Cセグメント」市場でガチで戦うために生まれたモデル

マツダのクロスオーバーSUVは、下からCX-3、CX-4(中国専用)、CX-5、CX-8(日本専用)、CX-9(アメリカ専用)と幅広いバリエーションを揃えるが、激戦区と呼ばれるCセグメント市場でガチに戦えるモデルは空白……。そこに投入されたのが新型CX-30である。

■大注目のクロスオーバーモデル 新型CX-30を画像でチェック(50枚)

マツダとしては「CX-5、MAZDA3に続く基幹車種に育てたい」と言う強い想いがあるそうだが、気になるのはこれまでのシリーズとは異なる二桁のネーミング。

マツダの見解は「CX-3と同じコンパクトクロスオーバーだが、『前席優先』、『パーソナルユース』がメインのCX-3に対し、『後席やラゲッジも重要視』、『ファミリー需要』を狙ったのが新型CX-30」と語る。

実はこのネーミングをどう浸透させられるかが、このクルマの成功の鍵の一つだと僕は考えている。

開発コンセプトは『機動性の良さ』『室内空間の高さ』『デザイン』

車名は若干変化球(!?)だが、クルマのコンセプトは直球勝負である。

CX-30の開発主査である佐賀 尚人氏に開発コンセプトを聞くと、「新型CX-30は『機動性の良さ』、『室内空間の高さ』、『デザイン』と言う3つの柱をコンパクトサイズの中で実現できるかに挑戦した一台です」と自信を見せる。

欧州でも日本でも取り回しの良いサイズ

機動性の良さはボディサイズに表れている。昨今Cセグメントモデルも肥大化が進んでいるが、新型CX-30は全長4395×全幅1795×全高1540mm、ホイールベース2655mmと実はMAZDA3よりもコンパクトだ。

ちなみに全長は欧州で縦列駐車がしやすい4.4m以下、全幅/全高は日本のタワーパーキング対応サイズ。最小回転半径もCX-3と同じ5.3mと取り回しの良さも特徴の一つである。

細かなところまでリアルワールドでの使い方に基づいた寸法

次に室内空間の高さだが、「ヤングファミリーの家庭環境の変化にも対応できる居住性と積載性を実現」が開発目標となったが、MAZDA3より全長/ホイールベース共に短い中で、どのように実現したのか?

まず、「日本/アジア人」と「欧米人」どちらの体格でも筋負担が少なく乗り降りが可能な高さとなるヒップポイントと、サイドシルからの距離を設定。

その上でCX-3より前後席間を26mm、頭上空間は約20mm拡大、更にフロア高は20mm下げることでスペースを確保。

そしてシートバックのトルソ角(人体が描く上体の軸線のこと)を立ててアップライトなポジションにすると共に、前席シート下に足が入るスペースの確保など細かい工夫を行なうことで、後席は身長183cmまでカバーする。

室内幅もCX-3比で左右間距離は50mm、ドアアームレスト幅18mm、センターアームレスト幅50mm拡大し、左右間の余裕を感じながらもコミュニケーションも取りやすい絶妙な寸法に仕上げられている。

ラゲッジルームは家庭環境の変化に対応できるスペースを目標に、単なる容積の確保ではなく実際に使った時の利便性を重視した設計となっている。

具体的にはベビーカーは日本のA/B型だけでなく大きめのグローバルサイズ(欧米タイプ)も収納OK、スーツケースなら67~70Lサイズ2つを余裕持って搭載可能。

更にリアゲート開口幅(1020mm)や開口部高さ(731mm)もリアルワールドでの使い方に基づいた寸法を設定。

また、細かい部分になるがリアゲートのトリムは荷物と干渉しにくい形状に工夫した事も相まって、ラゲッジスペースを余すことなく楽に使えるようになっている。

1/4ページ

最終更新:9/20(金) 17:22
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事