ここから本文です

今井絵理子政務官が視察 君津・富津市 【台風15号 官民復旧後押し】

9/20(金) 12:17配信

千葉日報オンライン

 今井絵理子内閣府政務官が19日、停電と断水が長期化する君津市と富津市を視察した。

 君津市役所に到着した今井政務官は「停電や断水で多くの方が不自由されていることと思う。課題があれば何なりと教えてもらいたい」と語り、石井宏子市長と意見交換した。

 引き続き災害ボランティアセンターが開設された市保健センターに移動。支援物資の仕分けやボランティアの受け付け状況について担当者から説明を受け、市民文化ホールでは自衛隊が設営した仮設風呂の様子を確認した。

 今井政務官は、富津市でも高橋恭市市長と意見交換。この後、同市金谷の飲食施設ザ・フィッシュや金谷コミュニティーセンターを高橋市長と共に訪ね、被害状況を見て回った。

 今井政務官は視察後、県庁で岡本和貴・県防災危機管理部長と面会。女性や障害のある人への支援に課題を感じたと振り返り、「被災者の声を聞かせていただき、政府一丸となって(復旧に)取り組む」と表明した。

 岡本部長は被災状況を報告し「被災地の復旧や支援には各省庁の力を借りなくては」と協力を求めた。

最終更新:9/20(金) 12:17
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事