ここから本文です

ヤング・ユナイテッド、苦戦も17歳FW弾で勝利!ローマは3発快勝、ラツィオは逆転負け/ELまとめ

9/20(金) 5:49配信

GOAL

スタメン平均年齢は24歳145日

ヨーロッパリーグ(EL)は、19日に各地でグループリーグ第1節が行われた。

マンチェスター・ユナイテッドは、ホームでアスタナと対戦。スールシャール監督はラッシュフォードを先発させた一方で、グリーンウッドやチョン、ゴメスら10代の選手を多数起用。スタメンの平均年齢は24歳145日と、ここ7年の欧州カップ戦で最も若いメンバーでEL開幕戦に臨んだ。

グリーンウッド、サンチョ、そして久保…今注目すべき世界最高のティーンエージャーたち【20人】

前半から相手を押し込み続け、決定機を作るがゴールが遠い。なかなかゴールを奪えない中、68分にリンガードとマタを投入して活性化を図る。すると73分、右サイドで仕掛けたグリーンウッドがボックス内で相手DFをかわし、相手GKの股を抜くシュートで先制弾を奪う。結局17歳FWの1点が決勝点となり、1-0で勝利を挙げた。

ローマは、ホームでバシャクシェヒルに4-0で快勝。ジェコやパストーレらが先発した一戦では、52分に相手オウンゴールで先制する。58分にはザニオーロのアシストからジェコが追加点を挙げると、71分にはザニオーロがダメ押しの3点目。後半アディショナルタイムにはクライファートにもゴールが生まれ、4-0と完勝を収めている。

その他、セビージャは敵地でカラバフに3-0と快勝。ラツィオはCFRクルージュに1-2で逆転負けを喫した。また、ボルシアMGはヴォルフスベルガーに0-4と大敗している。

最終更新:9/20(金) 5:49
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事