ここから本文です

「にわかファン」に贈るラグビーW杯超入門ガイド やっぱり楽しんだもん勝ちでしょ?

9/20(金) 17:30配信

アーバン ライフ メトロ

盛り上がる下地を作った「ノーサイド・ゲーム」

「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」が2019年9月20日(金)、開幕します。ラグビー関係者やファンはものすごく盛り上がっていますが、世間的には今ひとつピンときていない雰囲気を感じます。しかし、開幕後には熱く盛り上がるに違いありません。その理由から、まずご説明していきましょう。

【注目データ】世界大会めがけて、海外からラグビーファンがやってくる! 日本へのフライト予約増加のランキング

 ラグビーといえば、9月15日(日)に最終回を迎えた日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)が話題になりました。「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王」という、「池井戸潤原作 × 日曜劇場」という安定感のあるタッグならではの盛り上がりを見せ、最終回は人気グループ・嵐の櫻井翔さんが登場するというサプライズも話題になりました。

 登場した理由は、櫻井さんが日本テレビ「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」のスペシャルサポーターを務めているから。大会は日本テレビとNHKが地上波で放送しますが、NHKはBS(放送衛星を使った放送)での放送が多く、地上波のメインは日本テレビです。「ノーサイド・ゲーム」はラグビーを題材にしているということで、TBSのドラマに櫻井さんが登場するという粋なサプライズとなったというわけです。

「ノーサイド・ゲーム」が話題となり、その熱が冷めないうちに大会が開幕する――。これで盛り上がる下地は、出来上がったといえます。なぜなら、ラグビーはテレビドラマとの相性が良く、題材にしたドラマが話題になるとラグビーが盛り上がるという現象が1980年代に起きているからです。

1980年代に起こったラグビー人気

 まずは、1980年代前半に経験したことをお話ししましょう。

 今から38年前のこと、僕は九州の温泉街で暮らす高校生でした。ラグビー部に所属していましたが、4月の新人勧誘はとても苦労するものでした。住んでいた市の中学校にラグビー部はなく、新入生のほぼすべては未経験。知らない人から見れば、ラグビーはハードでキツくて大変そうなスポーツにしか思えないため、運動能力の高そうな新入生に声をかけても逃げられてしまうことの連続でした。

 ところが、僕らの代が卒業する年はなぜか事情が異なりました。声をかけると反応が良く、自分から入部を志願してくる人もいて、前年の倍以上の新人が入部したのです。その理由を聞いてみると、春休み期間中に再放送されていた中村雅俊主演の1974(昭和49)年のドラマ、「われら青春」(日本テレビ系)と関係がありました。太陽学園ラグビー部を舞台にした学園青春ドラマで、これに感情移入して見ていた新入生たちが「俺もやってみたい」と続々入部してくれた、ということだったのです。

 僕らが卒業した2年後には、それをさらに上回る人数が入部したとのちに聞きました。その前年にあたる1984(昭和59)年秋から1985年春にかけての2クールで、ドラマ「スクール☆ウォーズ ~泣き虫先生の7年戦争~」(TBS系)が放送され大きな評判となっていたのです。不良や落ちこぼればかりの高校の弱小ラグビーチームが、新任の教師の熱血によって全国優勝を果たすまでになる物語は、大ヒットして伝説のドラマとなりました。当時のゴールデンタイムのドラマが持つ威力は、絶大だったのです。

 1980年代前半、全国大学ラグビーフットボール選手権大会は熱く盛り上がっていました。特に人気の早稲田大学と明治大学による「早明戦」は、旧国立競技場に6万人超の観客が詰めかけて満席になるほど。そこに「スクール☆ウォーズ」の大ヒットが重なり、従来のラグビーファンに加え、「にわかファン」も急増。チケット入手は、どんどん困難になっていきます。

 1980年代後半~1990年代前半にかけて、毎年12月の早明戦と正月の大学選手権の決勝戦は旧国立競技場が満席になることも珍しくありませんでした。ラグビーファンだけでなく、大学生のカップルや女性同士のグループの姿も目立っていました。早明戦や決勝戦に行くことがイベント化していったのです。

 ところが盛り上がっていたラグビー人気も、1993(平成5)年にJリーグ(日本プロサッカーリーグ)が始まったことで、その座をサッカーに奪われました。にわかファンの選択肢が、ラグビーからサッカーへと移り変わったためです。

1/4ページ

最終更新:9/20(金) 22:02
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事