ここから本文です

ネパール五輪代表候補と交流 田村・美山小でミニ運動会

9/20(金) 10:59配信

福島民友新聞

 2020年東京五輪ネパール代表候補チームは18日、田村市の美山小を訪れ、スポーツを通じて児童たちと交流した。

 ネパールのマラソン代表候補の男性選手(35)と女性選手(23)の2人が同市で事前合宿をしている縁で、児童との国際交流事業が実現した。選手を指導している北京五輪女子マラソン日本代表の中村友梨香さんが一緒に訪れた。同校の1~6年生児童約50人が参加。ミニ運動会が催され、玉入れや全校リレーで五輪候補選手と楽しいひとときを過ごした。質問タイムでは、選手たちにネパールの文化や日本の印象、練習方法などについて聞いた。

 17日には、同市の芦沢小で交流事業が行われた。

最終更新:9/20(金) 10:59
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事