ここから本文です

高速道でパトカー、二輪に追突  岡山・津山、取り締まり中 男性重傷

9/20(金) 18:47配信

山陽新聞デジタル

 20日午前10時55分ごろ、岡山県津山市新田の中国自動車道下り線で、交通取り締まり中だった岡山県警高速隊の男性警部補(55)のパトカーが、大阪市、男性運転手(47)のオートバイに追突。オートバイは転倒し男性運転手が鎖骨骨折などの重傷を負った。 

 県警高速隊によると、パトカーはオートバイに速度違反の疑いがあるとして赤色灯をつけて時速100キロ以上で追跡を始めたが、オートバイが減速したのに対応しきれなかったとみられる。現場は片側二車線の直線道路。事故原因を調べている。

 県警高速隊の長谷川秀明副隊長は「今後は、事故原因を踏まえて指導教養を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。

最終更新:9/20(金) 19:42
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事