ここから本文です

クジラ連続漂着!4日連続5頭目!一体何が起きているのか?

9/20(金) 18:00配信

静岡朝日テレビ

きょうは清水港でクジラが漂流しているのが見つかりました。県内のクジラ漂着は4日連続で5頭目です。クジラたちに一体何が起きているのでしょうか。

午前9時ごろ、静岡市清水区興津の清水港で、「クジラが漂流している」と清水漁協から海保に通報がありました。巡視船が確認したところ、クジラは体長およそ3mで既に死んでいました。県内では、17日に駿河区の久能海岸に死んだクジラが打ち上げられ、おとといの清水区三保海岸のクジラは、最初は息がありましたが、その後死にました。きのうは南伊豆町と富士市の海岸で、死んだ状態のクジラが打ち上げられているのが見つかりました。これまでの4頭はいずれもメスのアカボウクジラで、きょうのクジラはまだ種類などはわかっていません。駿河湾の海岸で4日間連続で5頭のクジラが見つかったことになります。5頭はアカボウクジラの同じ群れにいた可能性もあるといいます。

●下田海中水族館・浅川弘さん
「そんなに大きくないが、群れを作る動物だから、感染性の何か病気にかかってしまったことが1つ可能性としては考えられる。まだ何かしら病気をもらったクジラがいるのかもしれない」

仮に群れが病気にかかっていたとすれば、今後も別のクジラが流れ着くかもしれません。専門家らがクジラ連続漂着の原因を調べています。

最終更新:9/20(金) 18:38
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事