ここから本文です

アビヅ・日高洋行 電気・電子機器廃棄物リサイクル、タイで実証事業開始

9/20(金) 10:50配信

日刊産業新聞

 総合リサイクル企業、アビヅ(本社=名古屋市港区)は13日、バンコク市内で日系金属リサイクル企業、日高洋行エンタープライズ(以下、日高洋行)と、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から委託されたアジア省エネルギー型資源循環制度導入実証事業/海外実証「タイ王国バンコクにおける電気・電子機器廃棄物(WEEE)の国際循環リサイクルシステム実証事業」に関する合意文書を締結した。アビヅの技術力と日高洋行のネットワークを融合して、実証事業を進めていく。実証事業終了後には現地で本格的な事業化を進めていく計画。10年以内にタイ国内でのリサイクルシステムを整備していくとともに、周辺国での展開も検討していく考えだ。

最終更新:9/20(金) 10:50
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事