ここから本文です

三連休、被災地の復旧作業は危険に 大型の台風17号で気象庁が会見

9/20(金) 14:53配信

THE PAGE

 台風17号の北上に伴い、太平洋沿岸にのびる前線も北上する。この影響で、台風15号によって大きな被害を受けた千葉県、伊豆諸島などでも強い風が吹き、雨が降ることが予想されることから、気象庁は20日、記者会見を開いた。

【動画】大型の台風17号 気象庁が今後の見通しについて会見

 気象庁の中村直治予報官は「三連休は、前線の影響で雨が降りやすく、10メートル以上のやや強い風も陸上でも予想されている」と説明。「被災地では、ブルーシートで屋根を覆っているところも多いが、10メートルを超える風が吹くと、飛散しやすいともいわれている。屋根に上るのは危険なので、対策は本日中にしてほしい」と呼びかけた。

 気象庁によると、大型の台風17号は、今後発達しながら北上し、21日に沖縄に最も接近した後、22日には九州を中心とした西日本に暴風域を伴って接近する見込み。これに伴って、前線も北上し、千葉県や伊豆諸島といった被災地域に大雨警報や暴風警報が発表される可能性こそ低いが、21~23日にかけて、断続的にやや強い風が吹き、雨が降る見込みだという。

 中村予報官は「被災地でなければ、雨も風もたいしたことはないと言えるが、まだまだ現地の復旧作業はこれからという段階だろう。三連休になると、県外からボランティアという形で千葉県などに入られる人も多いと思うが、警報級ではないが、復旧作業を行うには、大変危険な状況になる」と話した。

最終更新:9/20(金) 18:52
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい