ここから本文です

「軽自動車は事故に弱い」は本当? 後席で注意したいポイントとは

9/20(金) 16:31配信

MOTA

”今の軽自動車は安全”って、信じていいの?

軽自動車の販売が好調だ。毎月集計される国内の販売統計を見ると、新車として売られるクルマの約36~38%を軽自動車が占めている。

■ぎゃー! 大人気のN-BOXが正面衝突!? ホンダの実験を画像で見る(35枚)

軽自動車の売れ行きを支える理由は複数あるが、最も大きく影響しているのは商品力の向上だ。現在、軽乗用車の販売総数のうち約80%は全高が1600mmを超える背の高い車種になる。前後席とも居住性に余裕があり、大人4名が快適に乗車できる。全高が1700mm以上の車種では、後席を畳むと自転車が積めるものさえある。
また内装の質も高く、安全装備は小型車以上に充実している車種もあるから(例えばホンダ N-WGNの緊急自動ブレーキは自転車も検知する)、今の軽自動車は安全なクルマという評価を得た。

安全装備はそろっていても、衝突されたら?

■コンパクトなのに車内が広い! …のウラ
ただし、いかに安全装備が充実しているとはいっても、衝突安全性は気になる。軽自動車は全長が3395mm、全幅は1475mmと小さいのに、車内は小型車と同等以上に広い。そうなると単純に考えれば、衝突時にボディを潰して乗員を守る部分が少ないことになるのだ。
実際、以前の軽自動車は衝突安全性が弱いと指摘されていた。そこで大きな高級セダンには、小さなクルマと衝突した時の加害性を抑えるコンパチビリティ(サイズの異なる車両相互の安全性)の考え方に基づく安全設計が求められるようになった。
では、今の軽自動車の衝突安全性はどのような水準なのか。自動車事故対策機構が実施する衝突安全性能評価をチェックしてみよう。

”衝突安全性能評価”をチェック!

■5点満点中の4点を獲得
最新版テスト(2018年度)を実施した軽自動車は、スズキ ジムニー、ダイハツ ミラトコット、ホンダ N-VANの3車種だ。いずれも衝突安全性能の総合評価は5点満点の4点で良好だが、スズキ クロスビーやスバル フォレスターなどの小型・普通車は5点を獲得している。
テスト結果を個別に見ると、オフセット前面衝突試験におけるホンダ N-VANの運転席に座る乗員保護性能が、クロスビーを上まわっている。フルラップ衝突では、ジムニーの運転席乗員保護性能がクロスビーよりも優れていた。

■前面衝突については平均以上
また2017年度の総合評価では、ホンダ N-BOXが満点の5点を獲得している。オフセット前面衝突試験の運転席に座る乗員保護性能はレベル5で、トヨタのC-HRやルーミーのレベル4よりも優れていた。
このように見ると、軽自動車の前面衝突性能は、平均水準には達しているようだ。軽自動車が劣る場合もあるが、すべてに当てはまる話ではない。

1/2ページ

最終更新:9/20(金) 20:58
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事